だまにならない!焦げ付かない!ホワイトソースを作らなくても作れる「牛乳deえびグラタン」に挑戦

#やってみた 

みなさんグラタンは手作りしますか?
グラタンが食べたいと子どもが言ったらすぐに作ってくれるお母さんってなんか素敵だなと思いつつ、今まで私はグラタンは買う派でした。


理由は手が込んでいる料理のイメージがあり作るのが大変だと考えていたのと、
ホワイトソースを作るのが苦手だからです。


不器用な私がホワイトソースを作ると高確率でだまになり、すいとんのような塊が残ってしまい、それをどにかしようと試行錯誤して少し焦がし水分も飛びだまも残りぐちゃぐちゃに…というような失敗を何度かしたのでホワイトソースは作りたくない料理。
私自身グラタンは嫌いではないのですが、そんな苦労してまで食べたい料理でもなかったので作ったことがありませんでした。

でも息子がグラタンを好んで食べるようになったので、
レタスクラブさんに掲載されていた
”ホワイトソースを作らなくてもグラタンが作れるレシピ”
牛乳deえびグラタン」に挑戦してみました。

[ 材料・2~3人分 ]
むきえび 150g
牛乳 2と1/4カップ
ピザ用チーズ 70g
玉ねぎ 1/2個
パセリのみじん切り 適量
マカロニ 60g
洋風スープの素(顆粒) 小さじ1
塩 バター 小麦粉 こしょう


[作り方]
1:鍋に湯を沸かして塩適量を加え、マカロニを袋の表示よりも約2分短くゆで、湯をきる。玉ねぎは縦薄切りにし、えびはあれば背わたを除く。

2:フライパンにバター40gを中火で溶かし、えび、玉ねぎを入れて炒める。えびの色が変わったら弱火にし、小麦粉大さじ3をふり入れる。粉っぽさがなくなるまで、木べらで約1分炒める。

3:牛乳を3回に分けて加え、そのつどよく混ぜ合わせる。マカロニ、洋風スープの素と、塩、こしょう各少々を加えて中火にし、とろみがつくまで混ぜながら煮る。

4:耐熱皿に入れてチーズを散らし、オーブントースターでこんがりと焼き色がつくまで10~13分焼く。取り出して、パセリをふる。


このレシピは通常のホワイトソース作りのようにバターで小麦粉を炒めず
バターで炒めた具材に小麦粉を入れて炒めそこに牛乳を3回に分けて加えていく方法。


これで本当にだまにならないと?と疑いながら作りましたが
結果だまにならずきれいなホワイトソースを簡単に作ることができました!
ホワイトソースさえ成功すればあとは炒めたものとチーズを耐熱皿に入れて焼くだけ
難しいと思っていたグラタンですが想像より簡単に作ることができました。

息子にも好評だったのでこれからは家でグラタンを手作りしていきたいと思います。

作=モンズースー


この記事に共感したら

モンズースー

モンズースー

発達障害グレーゾーンの2児の母、本人もADHD診断済み。著書に、... もっと見る

Information

■出典:『レタスクラブ』’20 12月増刊号「すべて20分以内で完成!読者が選んだ殿堂入り時短レシピ」



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’20 12月増刊号』情報はこちらから▼

すべて20分以内で完成!読者が選んだ殿堂入り時短レシピ/やみつきキャベツ&白菜サラダ/大掃除したくない場所ランキング20をゆる掃除で解決だ!/【特別付録】SNOOPYでかエコバッグ/【とじこみ付録】おうち居酒屋おつまみBOOK


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧