キムチなのにこんなに優しい味わいに!? 感動すら覚えた「豚バラとキムチの豆乳はるさめスープ」

#やってみた 

キムチは絶対欠かさない常備食材のひとつです。
献立が思いつかないとき、買い物に行かず冷蔵庫に何もないとき、
「とりあえずキムチがある。」そう呟くだけでどうにかなるような気になってくるほど頼りになる存在です。


さて2月号のレタスクラブの特集は「発酵レシピ」です。
色々な発酵食材が紹介されておりまして、その中にキムチがありまして、キムチ好きの私としてはキムチレシピにまっしぐら!

中でも絶対食べたい‼︎と思ったのが豚バラとキムチの豆乳はるさめスープ‼︎
料理名を読んだだけでも美味しそうだし体に良さそう。
何しろキムチが入ってる。

これはもう作るしかありません!


[材料2人分]
○白菜キムチ…80g
豚バラ薄切り肉…60g
豆乳(成分調整)…1カップ
春菊…1/4わ(約50g)
○はるさめ…20g
○白すりごま…大さじ1
ごま油 みそ

[作り方]
(1)春菊は葉を摘み、トッピング用に少量取り分け、残りはざく切りする。
茎は7mm幅に切る。豚肉は5cm幅に切る。
(2)鍋にごま油小さじ1を中火で熱し、豚肉を炒める。
脂が出たらキムチ、春菊の茎を入れて約1分炒める。
はるさめ、水1と1/2カップを加える。
強めの中火にし、はるさめが戻るまで1~2分煮る。
(3)豆乳にみそ大さじ1/2を溶いてから(2)に加え、ごま、ざく切りの春菊の葉を入れてひと煮立ちさせる。
器に盛りトッピング用の春菊の葉をのせる。


美味しかった〜!
これ本当に美味しかった!
豆乳がキムチの辛味をまろやかにしてくれるので、スープを飲んでも「ひぃ〜!辛い~!ハヒハヒ!」となりません。
こんなにおだやかな気持ちでキムチ入りのスープが飲めるなんて最高!

あと春菊。春菊がいいアクセントになってます。
これ、水菜とかだったらアッサリしすぎちゃうと思うの。
クリーミーだからこそ春菊のクセが引き立つんですよね、きっと。
春菊大好きなので、次作る時は倍量入れてムシャムシャ食べたい!

あと春雨と豚バラ肉、この二つのおかげでかなり食べ応えもあります。
汁物枠というよりむしろおかず枠の存在感。
食べ応えもあるから、ダイエット中なんかはこのスープだけで充分かもしれません。


もしキムチを大量に買って余っちゃった時や飽きちゃった時があったら
ぜひこのスープを作っていただきたい!
キムチが生まれ変わるというか、キムチってこんなに優しい味わいになるの⁉︎って感動すると思います。

しかもスープだから身体の底から温まる〜♪
発酵食品・キムチをおいしく食べて、元気に極寒シーズンを乗り越えましょう!

作=マルサイ


この記事に共感したら

マルサイ

マルサイ

子どもたちが寝静まった後の大人のゴールデンタイムに描いた絵日記を... もっと見る

Information

■出典:『レタスクラブ』’21 2月「家族で健康 発酵レシピ!」



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 2月号』情報はこちらから▼

家族で健康 発酵レシピ!/手軽に作れて、失敗しない おうちバレンタインスイーツ/意外なアノ場所に収納できた!/花粉症のOK・NG習慣/【特別付録】鶏大事典/【とじこみ付録】もう食材をむだにしない!冷凍保存パーフェクトBOOK


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧