とりむね肉の名誉挽回!揚げずに作るザクザク食感のクリスピーチキン

#やってみた 

こんにちは、あね子です。
年末年始はお家でゆったり過ごし、クリスマス~お正月とごちそうを食べる機会も重なり、休暇明けは現実に戻ると同時に冬太りが気になる時期ですよね…(涙)
そんな時はとりむね肉など、ダイエット向きの食材で献立を考えたりしているのですが。

ダイエット向きの食材、とりむね肉

家族からの反応は…


ガッツリ系お肉大好きな夫、食べ盛りな子どもたちには物足りないらしく反応はイマイチ。
まぁね、調理失敗するとパサついたり、万能ではないんだけど。とりむね肉でなにかいいレシピは無いものか…

と思っていたら。レタスクラブで発見しました!

揚げずにとりむねでクリスピーチキン!


とりむね肉で!?揚げないのにクリスピーチキンが作れるらしい!
ということで気になったのでつくってみました。

ザクザククリスピーチキン

(材料・2人分)
とりむね肉(皮なし)…1枚(約200g)
コーンフレーク(砂糖不使用)…40g
■ころも用
 おろしにんにくおろししょうが…各小さじ1/2
 マヨネーズ…大さじ1と1/2
 片栗粉…大さじ1
 塩…少々
 水…大さじ1/2
■その他
オリーブ油

[作り方]
①とり肉は長さを半分に切り、厚みを半分に切る。水けをしっかり拭いてポリ袋に入れ、ころも用の材料を加え、全体が均一になるまで袋の上からもみ込む。
②コーンフレークをバットに広げ、小さめのボウルの底などで粗く砕き、オリーブ油大さじ1を全体にからめる。①のとり肉を押しつけるようにして、全体にしっかりとまぶす。
③フライパンに②を並べて中火にかけ、約4分焼き、裏返してフライ返しで押さえながら約4分焼く。器に盛ってフライパンに残ったコーンフレークをかけ、好みで水菜とレモンを添える。

コーンフレークを砕く作業はお手伝いに最適


コーンフレークを砕くところは子どもにやってもらってラクしちゃいました。お手伝いに最適♪
この砕いたコーンフレークにオリーブ油をからめることによって、揚げた感じを出せるんですね。なるほど~。
ころも液のついたお肉にコーンフレークをまぶして、フライパンで焼いたら完成。揚げ油がいらないので調理も簡単でした!

ザクザククリスピーチキン完成!


見た目はとりむね肉のコーンフレーク焼き(そのまんま)って感じなんですけど、食べてみると…

かなり揚げ物に近い


ザクっとした噛みごたえで中のお肉はやわらかく、口に入れた感じはほぼ揚げ物!
これは……ジェネリック揚げ物だ!!
と興奮してしまいました。おろしにんにくとしょうが、マヨネーズの下味もしっかりついていておいしいです。

夫も子どもも満足の味!


夫も子どもも満足の味。とりむねで満足度の高いおかずレシピ、知ることができて良かったです!揚げなくていいから私もラクだし、また作ろうと思います♪


作=あね子


この記事に共感したら

あね子

あね子

1985年生まれ、神奈川県出身。2010年に長女メイ子、2014... もっと見る

ブログ:
いっちょまえ姉妹を育てています
Twitter:
@aneko_blog
インスタ:
aneko269

Information

■出典:『レタスクラブ』’22 1月号『とりむねでごちそう肉おかず』


雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 1月号』情報はこちらから▼

とりむねでごちそう肉おかず/変幻自在な冬の豆腐おかず/甘系VSしょっぱ系のおもちレシピ/みその意外な使い方10/「デブ筋ながし」で気になる脂肪をなかったことに!/目指せ! 冷蔵庫フードロス0計画/【別冊付録】神やせ7日間ダイエット

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧