悪臭サヨナラ! 残暑のムレからニオイをガード♪玄関&靴を守るワンステップ 画像(1/3) 重曹を詰めるだけ。簡単に作れました

我が家の夫は重度の靴好きのため、今まで自分の靴のお手入れしかしたことがなかった私。この夏が終わり、息子(二歳)の靴をふと顔に近づけてみると、ちゃんといつも乾かしているはずなのになんだか匂う……! 

二歳にしてこれが噂の男脂臭!? と衝撃を受け、早速お手入れ方法を調べてみると「玄関の悪臭の原因『汗びっしょりの靴』。効果的な“臭い解消法”はコレ!」という記事を発見しました。

用意するものは「お茶パック・重曹・小袋」の三つのみ(男性の靴も手入れする場合は古い靴下と新聞紙も)。お茶パックに重曹を入れて、そのまま小袋に入れます。今回は使わなくなった子どもの靴下に入れました。(記事上写真)

外出から帰ってきた時に、これを履いていた靴に入れるだけ!

悪臭サヨナラ! 残暑のムレからニオイをガード♪玄関&靴を守るワンステップ 画像(3/3) 【写真を見る】まずは私の靴に入れてみます。足の甲の部分にすっぽり入りました
悪臭サヨナラ! 残暑のムレからニオイをガード♪玄関&靴を守るワンステップ 画像(6/3) 続いて息子の靴。先ほどと同量で靴全体に入りました

男性の靴の場合は大人用の古い靴下の中に「丸めた新聞紙→重曹袋→丸めた新聞紙」とサンドイッチ状に詰めます。

私の場合、いつもうっかり気に入った靴ばかり履いてしまいすぐボロボロにしてしまう癖があるのですが、次の日の朝履こうと思っていた靴にこの靴下があるのを見ると、「あ、昨日も履いたから今日は他の靴にしよう」と気が付くというメリットもありました。

どうせすぐサイズアウトするからとあまり気を使っていなかった息子の靴。これからはもう少し大切に使おうと反省した出来事でした。