うまみがギュギュッ! 今晩は「塩つくね棒」で乾杯!

#食 
ねぎと貝割れ菜がうまみと風味もプラス


いつもはまぁるく作るつくねを、棒状にしてみたら? お家居酒屋にぴったりなおつまみ「塩つくね棒」になりました。たんぱくなとりひき肉には、ねぎと貝割れ菜を加えてうまみと風味をプラス。フライパンが冷たい状態で焼き始めれば、じっくり中まで火を入るので、外側は焦げそうなのに中はまだ半生……という失敗も防げます。串は焼き上がってから刺せば、型崩れもなく、焼きやすさも◎。


塩つくね棒


【材料】(2人分)

とりひき肉 200g、貝割れ菜 1/2パック、長ねぎ 1/2本、レモンの半月切り 1/4個分、大根おろし 2cm分、白いりごま 小さじ1、塩、みりん、粗びき黒こしょう、サラダ油

【作り方】

1.貝割れ菜とねぎはみじん切りにする。

2.ボウルにひき肉、1、塩小さじ1/2、みりん小さじ1、こしょう小さじ1/4と白ごまを入れてよく練り混ぜる。手に薄く油をぬり、たねを4等分して平たい棒状に形づくる。

3.フライパンに油大さじ1を入れ、2を並べて火にかける。約3分30秒、上下を返して約2分、こんがり焼く。

【画像】フライパンが冷たい状態でたねを並べて焼くのが、焦がし過ぎないコツ。串は焼いてから刺す


4.竹串を2本ずつ刺し、皿に盛ってレモンと大根おろしの汁をきって添える。

(249kcal、塩分1.7g)

文=O子

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
塩つくね棒

こちらもおすすめ!
魚肉ソーセージで磯辺焼きをチェック!

■手間なし&簡単!時短レシピ特集はこちら


プロの時短テクニックが満載!手間なし&簡単、栄養たっぷりのごはんで毎日元気に!


■気分のあがるお弁当&サンドイッチ特集はこちら


新生活が始まる季節にぴったりの華やか&時短お弁当集めました!







おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //