腸にもやさしい秋の味覚。カレーもシューマイもきのこでおいしく大変身!

#食 
たっぷりきのことささ身でヘルシー「きのこの青椒肉絲」

秋の味覚といえば、きのこ。メインディッシュからサブおかずまであらゆる料理に使えて、おいしくかさ増しできます。
しかも食物繊維たっぷりで美腸にも効果的だから、健康のためにもおすすめの食材なんです。

「きのこの美腸おかず」今回は、カレーやシューマイなど、いつものメニューへのきのこ活用法をお届けします!

*  *  *

きのこたっぷりカレー

2種のきのこ入りでヘルシーなのに満足度大!

2種のきのこで食べごたえあり!「きのこたっぷりカレー」

[ 材料・2人分 ]*1人分571kcal/塩分2.0g
えのきたけ ...3/4袋 (約75g)
しめじ ...1/2パック (約50g)
・ベーコン ...2枚
・玉ねぎ ...1/4個
・にんにくのみじん切り ...1/2片分
・温かいご飯 ...適量
・カレールウ ...30~40g
・オリーブ油

[ 作り方 ]
1. えのきたけは長さを3等分に切り、しめじとともにほぐす。玉ねぎは縦薄切りにする。ベーコンは2cm幅に切る。
2. 鍋にオリーブ油大さじ1、にんにくを入れて弱火で炒める。香りが立ったら玉ねぎを加えて強めの中火にし、玉ねぎがきつね色になるまで約5分炒める。
3. えのきたけ、しめじ、ベーコン、水2カップを加えて中火で煮る。煮立ったら火を止め、カレールウを加えて溶かす。再び中火にかけ、とろみがつくまで混ぜて火を止める。器にご飯とともに盛る。

次ページ:シューマイにも青椒肉絲にもきのこが使える!(2/2)

この記事に共感したら

Information

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
*この連載は『レタスクラブ』2012年1月10日号~ 2020年8月号に掲載されたものに新規の内容を加え、加筆し、再編集したものです。なお、カロリー・塩分は掲載当時の数値です。

<レタスクラブ21年9月号より>
調理/しらいのりこ、堤人美、牧野直子 撮影/髙杉 純、竹内章雄 栄養監修/牧野直子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田久晶子


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!






雑誌情報はこちら

▼『レタスクラブ ’21 9月号』情報はこちらから▼

疲れた時は…レンチンレシピに限る!/発酵食品でボリュームごはん/もっとおいしく食べるにはリベイクが正解!/時短をかなえるキッチン収納/免疫力を上げるバスタイム習慣…他/【とじこみ付録】毎日食べて体すっきり きのこの美腸おかずBOOK/【とじこみ付録】食べごたえ満点!豆腐のがっつりおかずBOOK


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //