知ってた? 皮むき不要、丸ごと調理でおいしい&栄養満点の根菜活用レシピ

#食 
「れんこんととりもものさっぱり煮」

野菜の皮むき、地味に手間がかかりますよね…。もし、皮をむくのが当たり前だと思っていた野菜が、皮つきのまま調理できると知ったらどう思いますか? 「皮が口の中に残りそう…」なんて心配もあるかもしれません。でも野菜の皮と実の間には栄養が豊富だし、手間も省けて、実はメリットだらけ。皮付きのままおいしく食べられる野菜を、調理例とともにご紹介します!

れんこんととりもものさっぱり煮

【材料・2~3人分】
とりもも肉…1枚(約250g)、れんこん…1節(約200g)、しょうがのせん切り…1かけ分、煮汁(酢…1/2カップ、砂糖…大さじ2、しょうゆ…大さじ1、水…120ml)、塩

【作り方】
1.れんこんはよく洗い、皮つきのまま四つ割りにし、大きめの乱切りにする。とり肉は余分な脂肪を除き、6等分に切る。塩小さじ1をふってもみ込み、約10分おく。

2.鍋にれんこん、煮汁の材料を入れて中火にかける。煮立ったらとり肉を加え、再び煮立ったら弱火にし、少しずらしてふたをして約15分煮る(煮汁から具が出るようなら、ペーパータオルをかぶせて落としぶたをする)。

3.しょうがを加えてひと混ぜしたら器に盛り、好みで万能ねぎの小口切りをふる。
(1人分245kcal、塩分3.1g 調理/小田真規子 栄養計算/スタジオ食)


れんこんの皮は薄いので、むかずに調理してOK。皮に含まれるポリフェノールや食物繊維も逃さずに摂ることができますよ。皮ごと使うなら、見た目が気にならない煮ものなどがおすすめ。酢を入れた煮汁でさっぱりと煮るこちらのレシピは、れんこんの甘みとシャキッとした歯ごたえを生かした1皿です。

次ページ:まだある!皮ごと食べたほうががいい野菜のおかずのアイデア4つはこちら(2/2)

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「メインおかず」のレシピ

■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





おすすめ読みもの(PR)