知ってた? 皮むき不要、丸ごと調理でおいしい&栄養満点の根菜活用レシピ

#食 

皮ごと食べたほうががいい野菜は他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア4つをご紹介します。

ひき肉とかぶのソース炒め

かぶも皮をむかずにそのまま使って大丈夫。薄くやわらかいので、味がしみこみにくくなることもありません。炒めものにするなら、とりひき肉と一緒にウスターソースと塩・こしょうで調味するだけでもおいしいおかずに。ひき肉はパックからパカッとフライパンに入れ、両面を焼いてから一口大にほぐします。

【画像を見る】肉はくずしすぎないのが正解!「ひき肉とかぶのソース炒め」


とり手羽と新じゃがのオイル蒸し

じゃがいもは皮をむくのが一般的ですが、春が旬の新じゃがいもは皮が薄いのが特徴。オリーブ油をたっぷり入れたフライパンに手羽中とともに入れて、オイル蒸しにすると素材のおいしさが存分に楽しめます。

「とり手羽と新じゃがのオイル蒸し」


とり肉のおろし煮

大根おろしを作る時は、皮ごとすりおろしてみて。大根の皮は厚くかためですが、おろしてしまえばそれも気になりません。生のまま魚や肉料理に添えてもよし。おろし煮にしてたっぷり食べるもよし。大根の辛みが苦手な人は、甘みの豊富な大根の上部を使いましょう。

「とり肉のおろし煮」


豚肉とごぼうの甘辛炒め

にんじんの皮にはβ-カロテンがたっぷり。皮をむくことで、栄養を捨てているといっても過言ではないかもしれません。ごはんが進むおかずがほしい時は、豚こま切れ肉とともに炒め合わせてきんぴら風に。ごま油、砂糖、しょうゆの3つで味が決まります。

「豚肉とごぼうの甘辛炒め」


野菜の皮には食物繊維をはじめ、体にうれしい栄養も! 皮ごと食べられる野菜は、むかずに調理してみてくださいね。

文=齋藤久美子(栄養士)

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「メインおかず」のレシピ

■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //