アウトドアやおうちキャンプに! 漬け込んで焼くだけ手羽元のグリル5つ

#食 
しょうが&カレー粉が効いてる「ジンジャータンドリーチキン」/手羽元のレシピ(1/ 30)

今回は、バーベキューやベランピングにぴったりの手羽元のグリルをご紹介。一晩じっくり漬け込む絶品レシピから、5分漬け込めばOKの時短グリルまで、シーン別に使いこなせるレシピを集めました。爽やかな風が吹く気持ちのいい季節。晴れた週末に屋外で食べるごはんは最高ですよ! 

ジンジャータンドリーチキン

【材料・2~3人】
とり手羽元…6本、じゃがいも…小2個(約200g)、さやいんげん…8本、タンドリーだれ(プレーンヨーグルト・トマトケチャップ…各大さじ2、おろししょうが…小さじ1強、おろしにんにく…小さじ1/2、はちみつ…小さじ2)、カレー粉…大さじ1/2、塩、オリーブ油

【作り方】
1.手羽元はフォークで全体を刺す。保存用密閉袋に入れ、塩大さじ1/2をもみ込む。タンドリーだれの材料を加えてもみ込み、20分以上室温で漬ける(冷蔵室で一晩〈8~12時間〉おいても可)。

2.じゃがいもはよく洗い、皮つきのまま一口大に切る。水に約5分さらして水けをきる。

3.フライパンにオリーブ油大さじ1強を中火で熱し、手羽元をたれごとと、じゃがいもを並べる。途中で2~3回上下を返しながら10~15分焼く。いんげんを加えてふたをし、約2分蒸し焼きにしたら、いんげんとじゃがいもに塩少々をふる。
(1人分268kcal、塩分3.8g 調理/柚木さとみ 栄養計算/スタジオ食)

漬け込む時間が長いほど、奥深い味わいになるタンドリーチキン。保存袋にチキンとたれを入れておくだけだから、前日または当日の朝に仕込んでおくのがおすすめです。アウトドアの場合は出発前に自宅で仕込んで、クーラボックスなどに入れて持ち運んで。フライパンや鉄板でたれごとこんがり焼いて、豪快にかぶりつきましょう!

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「とり手羽元」のレシピ

▶へとへとさんをお助けする情報が満載!
レタスクラブYouTube公式チャンネルをチェック!




■我慢しない&無理しない ダイエット特集はこちら


“しっかりおいしく食べて、きれいにやせる!”






おすすめ読みもの(PR)