いつものトマトが中華に変身! トマトの炒めもの5選 画像(1/5) 「トマト麻婆」

鮮やかな赤色が食欲をそそる「トマト」。1年を通して出回るので、食卓に出す機会も多いですよね。しかしサラダやあえものなど、副菜ばかりでマンネリ化してしまうことも。今回は肉とトマトを使った中華風炒め5選を紹介します。トマトの炒めものを覚えて、レパートリーを広げましょう!

トマト麻婆

【材料・2人分】

トマト 4個、豚ひき肉 150g、しょうがのみじん切り 1/2かけ分、にんにくのみじん切り 1/2片分、長ねぎのみじん切り 1/4本分、合わせ調味料(しょうゆ 大さじ1、甜麺醤[テンメンジャン、またはみそ]、酒 各小さじ2、豆板醤[トウバンジャン]小さじ1、とりガラスープの素 小さじ1/4)水溶き片栗粉 片栗粉大さじ1/2+水大さじ1、サラダ油、ごま油

【作り方】

1. トマト3個は1.5cm角に切る。トマト1個はおろし金ですりおろす。

2. フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、ひき肉を入れて、ポロポロになるまで炒める。しょうが、にんにくを加えてさらに炒め、香りが立ったら、角切りにしたトマト、ねぎを加えてさっと炒め合わせる。

3. 合わせ調味料とすりおろしたトマトを加え、約3分煮て水溶き片栗粉を加え混ぜる。とろみがついたら、ごま油小さじ1を回し入れ、器に盛る。好みで粉ざんしょうをふっても。

(1人分301Kcal、塩分2.6g)

豆板醤のピリッとした辛さでご飯がどんどん進みそう。トマトは3個を1.5㎝角にカットし、1個はおろし金ですりおろして調理するのがポイントです。最後に好みで粉ざんしょうをふりかけてもOK。

牛レバーとアスパラガス、トマトのオイスター炒め

アスパラガスとトマトの鮮やかな色合いが魅力的。トマトのさわやかな酸みが味を引きしめます。

いつものトマトが中華に変身! トマトの炒めもの5選 画像(3/5) オイスターソースでコクをプラスした「牛レバーとアスパラガス、トマトのオイスター炒め」

豚とトマトの卵炒め

火を通したトマトと豚肉を溶き卵の入ったボウルに加え、ざっくり混ぜてから再び炒めるのがコツです。半熟卵のやわらかな舌ざわりがやみつきになるはず。

いつものトマトが中華に変身! トマトの炒めもの5選 画像(6/5) 「豚とトマトの卵炒め」

牛肉とトマトのオイスター炒め

ごま油のこうばしい風味が口の中に広がります。トマトは手で4~6つに割り、牛肉は塩や酒、片栗粉で下味をつけてください。

いつものトマトが中華に変身! トマトの炒めもの5選 画像(10/5) 「牛肉とトマトのオイスター炒め」

肉だんごのトマト甘酢あん

ゴロゴロと大きな肉団子で食べごたえのある1品に。手作りの「甘ずっぱだれ」は冷蔵庫で約2週間保存可能です。

いつものトマトが中華に変身! トマトの炒めもの5選 画像(15/5) 「肉だんごのトマト甘酢あん」

トマトに含まれるリコピンは脂溶性のため、油を使うと吸収率がアップ。手軽に作れる炒めものなら、効率よくトマトの栄養を摂れますよ。