(ぶろっこりー)

ブロッコリーの基本情報

ブロッコリー

ブロッコリーの特徴

栄養豊富な緑黄色野菜の王様・ブロッコリー。キャベツの仲間で、古くからイタリアで好まれ、日本へは明治時代に入ってきました。和名では“緑花野菜”といわれます。
花蕾(からい)と呼ばれる小さなつぼみのかたまりと、糖分の多い太い茎の部分を食用とします。アクがほとんどなく、ほのかな甘みがあります。また、同じくキャベツの仲間であるカリフラワーより栄養価が高いのが特徴です。
くせのない味で、コクのある炒めものからさっぱりとした小鉢ものまで、和・洋・中、幅広く使えます。

ブロッコリーの選び方ガイド

色が均一に濃く、黄色く変色していないものを選びましょう。花蕾がしっかりと詰まっていて、中央が丸く盛り上がっているものがベストです。根元にすが入ったものは避けて。
常温で保管したり、時間をおくと、黄色く変色してしまうので、冷蔵庫で保存し、早めに使いきるようにしましょう。

食材事典へ戻る