(しいたけ)

しいたけの栄養

しいたけの栄養画像

しいたけの栄養

食物繊維、ビタミンB1・B2、ビタミンDが豊富。
しいたけには、エルゴステリンという成分が多く含まれており、日光を浴びると、カルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンDに変化します。ですから、天日に干した干ししいたけのほうが、ビタミンDが多く含まれますが、生のしいたけも、日光に当てるとビタミンDが増加します。
しいたけには、きのこ類特有の、エリタデニン、レンチナンという成分も含まれています。エリタデニンは、血中コレステロールを抑制する働きがあり、動脈硬化や高血圧の予防や改善に効果があるといわれています。また、レンチナンには、がん細胞の増殖を抑制する作用があるといわれ、抗がん作用も期待されています。