きすの栄養

きす
撮影:澤木央子
きすの栄養画像

白身で脂肪が少なく、良質のたんぱく質が豊富。きすのたんぱく質は、人間の体の構成に近い必須アミノ酸でできているので、乳幼児からお年寄りまで、消化機能が衰えているときにも安心です。
ほかに、カルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンD、ナトリウム、ビタミンA、B2なども含まれます。脂肪の代謝に役立ち、肝臓に脂肪がたまるのを防ぐビタミンB6も含まれるので、お酒の好きな方にもおすすめです。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30955品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //