(きす)

きすの基本情報

きす
撮影:澤木央子

きすの特徴

江戸前の天ぷらに欠かせないきす。鱚の字をあてます。
黄色みのある「しろぎす」、青みのある「あおぎす」、「ほしぎす」の3種類がありますが、一般にきすと呼ばれるのは「しろぎす」で、味も一番です。
淡泊で上品な味の白身魚で、天ぷらやフライなどでよく食べられます。
釣り魚としても人気があります。

きすの選び方ガイド

体全体が透き通り、うろこが虹色に光り、目がはっきりして、腹が張っているものを。
うろこがはげ、光沢が失われているもの、身(特に腹の部分)がやわらかくなっているものは、鮮度が落ちています。

食材事典へ戻る