ソーセージとねぎの中華風卵炒め

時短でラク
328kcal
2.7g
10min
ソーセージとねぎの中華風卵炒め
ソーセージとねぎの中華風卵炒め

村田裕子さんのレシピ

ちょっと懐かしい魚肉ソーセージを使って

材料(2人分)

  • 魚肉ソーセージ…1本
  • …3個
  • 長ねぎ…1本
  • きくらげ(乾燥)…5g
  • しょうがのせん切り…1/2かけ分
  • 合わせ調味料
  •  ・酒…大さじ1
  •  ・オイスターソース…大さじ1/2
  •  ・しょうゆ、片栗粉…各小さじ1
  •  ・塩、こしょう…各少々
  •  ・水…大さじ3
  • ・塩、こしょう、サラダ油
魚肉ソーセージ…1本
卵…3個
長ねぎ…1本
きくらげ(乾燥)…5g
しょうがのせん切り…1/2かけ分
合わせ調味料
 ・酒…大さじ1
 ・オイスターソース…大さじ1/2
 ・しょうゆ、片栗粉…各小さじ1
 ・塩、こしょう…各少々
 ・水…大さじ3
・塩、こしょう、サラダ油

作り方

  1. 魚肉ソーセージは縦半分に切り、5mm幅の斜め切りにする。ねぎは青い部分も含めて縦半分に切り、斜め薄切りにする。きくらげは熱湯につけてもどし、大きいものは半分に切る。卵は溶きほぐし、塩、こしょう各少々を加える。
  2. フライパンに油大さじ1を熱し、溶き卵を入れて大きくかき混ぜながら半熟状に炒め、いったん取り出す。
  3. フライパンに油大さじ1を足して強めの中火にし、ソーセージ、ねぎ、きくらげ、しょうがを入れて炒める。全体に油がまわったら合わせ調味料を回し入れ、すぐに 2の卵を戻し入れ、卵を軽くほぐしながら手早く炒め合わせる。

    炒め合わせた材料に油がまわったところで合わせ調味料を加える。炒め過ぎないのがポイント。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

村田裕子
村田裕子
管理栄養士、料理研究家。栄養バランスとおいしさが両立した、作りやすいレシピが人気。雑誌やテレビ、食品会社のレシピ開発と活躍の幅を広げている。著書は「魔法のパスタ」(主婦と生活社)、「毎日使える!ハンドブレンダー」(講談社)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 榎本修

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

長ねぎ
長ねぎ
薬味や香味野菜として欠かせないねぎ。白い部分が長いものは、「千住ねぎ群」という品種で、一…
きくらげ
きくらげ
ブナやカエデなどの、朽ち木や生木に、梅雨から秋にかけて発生するきのこの一種。原木や菌床(…
しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31700品をご紹介!