豆腐とキムチの水餃子

398kcal
1.3g
30min
豆腐とキムチの水餃子
豆腐とキムチの水餃子

藤井恵さんのレシピ

ふわふわの食感がたまらない

材料(2人分)

豚ひき肉…100g
もめん豆腐…1/2丁(150g)
長ねぎ…5cm
白菜キムチ…80g
餃子の皮(大判)…20枚
・塩、こしょう、ごま油

作り方

  1. 豆腐はペーパータオルに包んで10分ほどおき、水をきる。ねぎはみじん切りにする。キムチは軽く絞って、汁を大さじ2とっておき、みじん切りにする。
  2. ボウルにひき肉、塩、こしょう各少々を混ぜ、豆腐、キムチ、ねぎ、キムチの汁、ごま油小さじ2を順に加え、そのつどよく混ぜ合わせる。
  3. 餃子の皮に2の具をのせ、皮の縁を水でぬらし、4箇所をつまみ、まん中でくっつけ、その間の縁をそれぞれ張り合わせる。
  4. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、3の餃子を入れて3〜4分ゆでる。餃子が浮き上がってきて、皮が半透明の状態になったら湯をきって、温めた器に盛る。好みで酢じょうゆにつけて食べても。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤井恵
藤井恵
料理研究家。大学在学中からテレビ番組の料理アシスタントを務める。大学卒業と同時に結婚し、専業主婦と子育てに専念したのちテレビのフードコーディネーターを担当。雑誌、書籍、新聞、イベントなど活動は多岐にわたる。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 今清水隆宏

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

長ねぎ
長ねぎ
薬味や香味野菜として欠かせないねぎ。白い部分が長いものは、「千住ねぎ群」という品種で、一…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31700品をご紹介!