かれいの煮つけ

245kcal
かれいの煮つけ
かれいの煮つけ

はじめてのお料理レッスン

笹岡隆次さんのレシピ

おいしく作るコツは、煮る時間をなるべく短くすること

材料(2人分)

かれい(切り身)…2切れ
小松菜…6株(150g)
しょうが…1/2かけ
・酒、砂糖、しょうゆ

下ごしらえ

  1. かれいは軽く洗って水けをふく。小松菜は洗う。しょうがは皮をむき、薄切りにする。

作り方

  1. 小松菜は熱湯に茎から入れて手早くゆでる。冷水にとって水けをよく絞り、根元を切り落として4〜5cm長さに切る。かれいは卵があれば傷つけないように注意しながら、包丁で皮目に斜めに1本切り目を入れる。
    切り目を入れて火の通りをよくする
  2. 《煮る》鍋に水350cc、酒50cc、砂糖大さじ3強、しょうゆ大さじ2 2/3、しょうがを入れて混ぜ、かれいを入れ、強火にかける。煮立ったら弱火にし、アルミホイルで落としぶたをして、煮汁が少なくなるまで20分ほど煮る。
  3. 煮汁が少なくなってきたら、魚にスプーンで煮汁を回しかける。かれいを端に寄せて鍋に空きをつくり、小松菜を入れて温まる程度に軽く煮る。
    ときどきスプーンで煮汁をかけて、魚に味を含ませる
  4. 《盛る》菜箸とフライ返しなどを使って、かれいを皿に盛り、手前に小松菜を添える。しょうがをせん切りにしてのせ、煮汁を回しかける。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 山本明義

食材の扱い方・ポイント

かれい
かれい
「左ひらめ、右かれい」といい、腹を手前に置いたときに、頭が右になるのがかれい。淡泊な白身…
小松菜
小松菜
関東で冬に好まれる野菜の代表格。東京都江戸川区小松川で作られていたことからこの名がありま…
しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31595品をご紹介!