かれいの煮つけ

245kcal
かれいの煮つけ
かれいの煮つけ

おいしく作るコツは、煮る時間をなるべく短くすること

材料(2人分)

かれい(切り身)…2切れ
小松菜…6株(150g)
しょうが…1/2かけ
・酒、砂糖、しょうゆ

下ごしらえ

  1. かれいは軽く洗って水けをふく。小松菜は洗う。しょうがは皮をむき、薄切りにする。

作り方

  1. 小松菜は熱湯に茎から入れて手早くゆでる。冷水にとって水けをよく絞り、根元を切り落として4〜5cm長さに切る。かれいは卵があれば傷つけないように注意しながら、包丁で皮目に斜めに1本切り目を入れる。
    切り目を入れて火の通りをよくする
  2. 《煮る》鍋に水350cc、酒50cc、砂糖大さじ3強、しょうゆ大さじ2 2/3、しょうがを入れて混ぜ、かれいを入れ、強火にかける。煮立ったら弱火にし、アルミホイルで落としぶたをして、煮汁が少なくなるまで20分ほど煮る。
  3. 煮汁が少なくなってきたら、魚にスプーンで煮汁を回しかける。かれいを端に寄せて鍋に空きをつくり、小松菜を入れて温まる程度に軽く煮る。
    ときどきスプーンで煮汁をかけて、魚に味を含ませる
  4. 《盛る》菜箸とフライ返しなどを使って、かれいを皿に盛り、手前に小松菜を添える。しょうがをせん切りにしてのせ、煮汁を回しかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 山本明義

食材の扱い方・ポイント

かれい
かれい
「左ひらめ、右かれい」といい、腹を手前に置いたときに、頭が右になるのがかれい。淡泊な白身…

基本の扱い方

切り身には、切り目を入れ、塩をふる

火が通りやすいよう、また味がしみやすいよう、表裏両面に包丁で切り目を入れます。
包丁は、骨に当たるまで入れます。また、切り目は、切り身の大きさによって1〜3本ほどを。子持ちがれいの場合は、卵を傷つけないように注意して。
両面に薄く塩をふり、しばらくおいておきます。表面に水分が出てくるので、焼くとき、揚げるときは、水分をふき取ってから調理します。

●塩をふると、身がしまり、臭みがとれます。焼きもの、揚げものでは身くずれなく、煮ものでは臭みなく仕上がります。

煮ものの下ごしらえ

霜ふりする

ふった塩がまわって、かれいの表面がぬれたようになったら、沸騰した湯に入れ、表面の色が変わったら、冷水にとります。
霜ふりすることで、塩や、塩によって引き出された臭みのある水分を洗い流し、汚れをとりやすくすると同時に、表面だけに火を通して煮くずれしにくくします。

水にとって、きれいに掃除する

冷水にとったら、うろこや汚れをきれいに掃除します。流水で洗うと身をいためやすいので、たまり水で洗うこと。
包丁では取りにくいかれいの小さいうろこは、表面だけに火を通すと、はずれやすくなります。同時に、血などの汚れも固まるので、きれいに掃除するようにしましょう。

小松菜
小松菜
関東で冬に好まれる野菜の代表格。東京都江戸川区小松川で作られていたことからこの名がありま…

基本の扱い方

根元を洗う

根元に土がたまりやすいので、根の部分を切り取り、水につけて、指で茎と茎の間に水を通すようにして土を洗い流す。

用途に応じた長さに切る

根元がバラバラになるよう、1cmほど切り落として、用途に応じた長さに切る。5cmくらいが食べやすい。切ったあと、根元の部分をもう一度洗うと、土が残る心配がない。

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

基本の扱い方

つぶす

まな板にしょうがを置いて、木べらなどをあて両手で押さえてつぶします。

切り方

薄切り

針しょうがやせん切りになど、飾り切りにする場合は、皮を薄くむいたら、繊維の方向に、端からできるだけ薄く切ります。
炒めものなど、見た目を気にしない場合は、繊維を断つ方向に切ってもよいでしょう。

せん切り

薄切りを縦に置いて2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。

みじん切り

せん切りを横に向きを変えて、端からできるだけ細かく切ります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //