骨つき肉の旨みに頼れば間違いなし! 手羽元のほったらかし煮ものバリエ

#食 
「手羽元と里いもの塩バター煮」

とり肉で煮込み料理を作るなら「手羽元」を使ってみて。お鍋で煮込んでいるうちに骨からおいしさがどんどんしみ出し、だしや調味料を追加しなくても旨みたっぷりの煮ものに! 今回はほったらかしでOKなラクチンレシピを5つご紹介しましょう。

手羽元と里いもの塩バター煮

【材料・2人分】
とり手羽元…6本(約350g)、しいたけ…4枚、冷凍里いも…10個(約150g)、サラダ油、塩、酒、バター(切れているもの)、粗びき黒こしょう

【作り方】
1.しいたけは石づきのかたい部分をキッチンばさみで切り、手で2等分に裂く。

2.鍋に油小さじ1を中火で熱し、手羽元を水けを拭いて並べる。塩少々をふり、そのまま約3分焼く。上下を返して端に寄せ、しいたけを加えてさっと炒める。

3.凍ったままの里いも、酒大さじ2、塩小さじ1/2、水1カップを加える。ペーパータオルをぬらして絞って広げてのせ、弱火で約15分蒸し煮にする。火を止めてペーパータオルを取り、バター2切れ(20g)を加えて全体を混ぜ、粗びき黒こしょうを少々ふる。
(1人分374kcal、塩分2.0g 調理/髙山かづえ 栄養計算/スタジオ食)

仕上げに入れるバターの風味が絶妙! 手羽元は表面を焼いてから煮ると、香ばしさが加わって旨みがさらにアップします。しいたけは手で裂いた方が、味がしみ込みやすくなりますよ。

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「手羽元」のレシピ

■プチ贅沢したいときのおつまみ特集はこちら


“ちょっといいお酒、ちょっと特別なイベントがあるときにぴったりな簡単&おいしいレシピ”

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //