リメイクすれば毎日でも飽きない! 夕飯の準備がラクになる作り置きそぼろ5選

#食 
「しっとりそぼろ」

お肉のそぼろは、作れる時にたっぷり仕込んで冷蔵庫に入れておくと便利。ごはんにのせるだけでなく、卵焼きや炒めものに入れたり、そぼろ煮にしたり、豆腐にのせたり、麺料理のトッピングに加えたり…と超万能で、いざというときにとっても役に立ってくれます。今回は定番の甘辛味から、エスニックや韓国風のそぼろまで、いろいろご紹介。レンジだけで作れるお手軽レシピもありますよ!

しっとりそぼろ

【材料・作りやすい分量】
豚ひき肉…200g、しょうが…大2かけ、長ねぎ(青い部分を含む)…1/2本、酒、みそ、砂糖、しょうゆ、ごま油、片栗粉

【作り方】
1.しょうが、ねぎはみじん切りにする。

2.耐熱ボウルに、ひき肉、1、酒大さじ3、みそ大さじ2、砂糖、しょうゆ、ごま油各大さじ1/2、片栗粉小さじ1を入れてよく混ぜ合わせる。

3.肉だねのまん中をへこませ、ボウルの側面に少しせり上げるようにして全体を同じ厚みに広げる。ふんわりとラップをかけて、電子レンジ(600W)で約3分加熱する。取り出してほぐし、再びラップをかけてさらに約3分加熱し、よくほぐす。
(1人分664kcal、塩分6.0g 調理/関岡弘美 栄養計算/スタジオ食)

※電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

ねぎたっぷりのコクうまそぼろが、レンチン6分でできあがり! 片栗粉も一緒に混ぜ込むと、しっとりと仕上がります。もやしとあえたり、冷奴にのせたり、サラダ野菜やチーズと一緒にごはんにのせて和風のタコライス風にしたり…と多彩な料理にアレンジできるのも魅力。冷蔵庫で3~4日保存できます。

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「そぼろ」のレシピ

■プチ贅沢したいときのおつまみ特集はこちら


“ちょっといいお酒、ちょっと特別なイベントがあるときにぴったりな簡単&おいしいレシピ”

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)