基本のすし飯

基本のすし飯
基本のすし飯

すし飯で簡単おもてなし

大原千鶴さんのレシピ

おもてなしにぴったり

材料(作りやすい分量・2合分)

  • 昆布(5×10cm)…1枚
  • …2合
  • すし酢
  •  ・酢…大さじ4
  •  ・砂糖…大さじ3
  •  ・塩…小さじ2/3
昆布(5×10cm)…1枚
米…2合
すし酢
 ・酢…大さじ4
 ・砂糖…大さじ3
 ・塩…小さじ2/3

作り方

  1. 米は洗ってざるに上げて水けをきり、炊飯器に入れる(すし飯はふっくら炊き上げる必要がないので、洗ったらすぐに炊く)。すし飯の目盛りまで水を入れ(目盛りがない場合は通常よりやや少なめにする)、昆布をのせて普通に炊く。
  2. 炊き上がったら昆布を除いて大きめのボウルに入れ、熱いうちにすし酢の材料を混ぜて加える。しゃもじに伝わせながら全体にいきわたるように回しかける。
  3. しゃもじでご飯を切るように混ぜる。ただし混ぜ過ぎると粘りが出たり、だまになるので、さっと混ぜるようにする。さめると固まりやすくなるので、さめる前の少し温かい状態ですしにする。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

大原千鶴
大原千鶴
京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生まれ幼少のころから料理に触れて育つ。現在は京都市内に住まい、料理研究家として雑誌やテレビ出演、料理教室、講演会、エッセイ執筆、商品開発アドバイザー、CMやドラマの料理監修などで活躍。現在NHKEテレ「きょうの料理」BS4K「あてなよる」のレギュラー出演中。NHKBSプレミアム「京都人の密かな愉しみ」の番組出演や料理監修も手掛ける。大学生、中学生の二男一女の母でもある。『大原千鶴のすぐごはん〜冷蔵庫にあるもので〜』(高橋書店)ほか著書多数。
カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 浮田輝雄

食材の扱い方・ポイント

米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32175品をご紹介!