華やかいなりずし

時短、塩分控えめ、いなり寿司

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
華やかいなりずし

油揚げは煮汁を絞り過ぎず、ジューシーに仕上げて

カロリー
201kcal
塩分
1.0g
カテゴリ:
ごはんもの > 寿司 > いなり寿司
ジャンル:
和風
イベント:
おもてなし
プロ料理家:
大原千鶴
撮影:
浮田輝雄

材料(10個分・4~5人分)

「基本のすし飯」…全量

えび…10尾

油揚げ(またはいなりずし用のもの)…5枚

干ししいたけ…1枚

絹さや…10本

れんこんの半月切り(5mm厚さのもの)…10枚

にんじんのせん切り…30g

漬け汁

 ・砂糖、酢…各大さじ1

 ・塩…小さじ1/4

煮汁

 ・砂糖…大さじ3

 ・しょうゆ、みりん…各大さじ2

 ・水…3/4カップ

・塩

下ごしらえ

1.

干ししいたけは水につけてもどし、粗みじん切りにする。

2.

絹さやは熱湯でさっとゆでて取り出し、長さを半分に切る。

3.

れんこんは同じ熱湯でさっとゆで、湯をきる。漬け汁の材料をバットに入れて混ぜ、ゆでたれんこんを熱いうちに漬け、そのままおいてさます。

4.

えびは頭と尾を切り落とし、あれば背わたを除く。塩を加えた熱湯で色が変わるまでゆで、取り出して殻をむく。

作り方

1.
油揚げはめん棒などで押しながら2~3回転がすと、袋状に開きやすくなる。切らずに熱湯でゆでて、余分な油を除く。

油揚げはめん棒などで押しながら2~3回転がすと、袋状に開きやすくなる。切らずに熱湯でゆでて、余分な油を除く。

油揚げは開きやすいように、めん棒を2~3回転がす。熱湯で約1分ゆでて余分な油分を落とし、ざるに上げて湯をかるくきる。

2.
ゆでて油抜きした油揚げは、切らずに煮汁で煮て、味を含ませる。煮上がっても汁は軽くきる程度にするとやわらかな口当たりになる。

ゆでて油抜きした油揚げは、切らずに煮汁で煮て、味を含ませる。煮上がっても汁は軽くきる程度にするとやわらかな口当たりになる。

煮汁の材料を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら1を入れる。落としぶたをして弱めの中火で約15分煮て火を止め、そのままおいてさます。油揚げの汁けを軽くきって取り出し、半分に切る(縦が長めの油揚げで作る場合は、中央を少し切り取る)。

3.

鍋に残った煮汁に、にんじんと下準備をしたしいたけを加えて火にかける。約3分炒め煮にして火を止め、そのままおいてさます。

4.
具を混ぜたすし飯は、10個のおにぎりにしてから、切って袋状にした油揚げに詰めると均一な大きさに。

具を混ぜたすし飯は、10個のおにぎりにしてから、切って袋状にした油揚げに詰めると均一な大きさに。

3の汁けをよくきってすし飯に加えて混ぜ、10等分にして俵形のおにぎりを作る。2の1切れに、おにぎり1個を詰める。これを10個作る。上に下準備したれんこん1枚、えび1尾、絹さや2切れをそれぞれのせる。

※油揚げの切り取った部分は、冷凍保存可能。うどんにのせてきつねうどんにしてもおいしい。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

関連する料理レシピまとめ

料理レシピまとめをもっと見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X