パプリカとツナの食パンキッシュ

492kcal
1.5g
パプリカとツナの食パンキッシュ
パプリカとツナの食パンキッシュ

パプリカの甘さとクリームチーズの酸味が合う

材料(縦14×横14×高さ4cmの耐熱陶器(3カップ)1個分)

食パン(8枚切り)…4〜5枚
ツナ缶(チャンクタイプ)…1/2缶(約80g)
卵液
  ・卵…3個
 ・生クリーム、牛乳…各3/4カップ
 ・塩、こしょう…各少々
クリームチーズ…約50g
赤パプリカ、黄パプリカ…各1/3個
バター、オリーブ油、塩、こしょう

下ごしらえ

  1. 容器の底面の大きさに合わせて、オーブン用ペーパーを切り、敷き込む。
  2. オーブンを180℃に予熱する。

作り方

  1. パンの耳を切り落とし、横半分、縦3等分の6片に切り分ける。容器の底面の大きさに合わせてパンをぴったりと敷き込む。すき間があれば、すき間の大きさに合わせてパンを小さく切り分けて敷き詰める。さらに側面に沿ってぐるりと、パンを立ててぴったりと並べる。
    食パンを敷く
  2. 小さめの耐熱容器にバター30gを入れ、ふんわりとラップをかけて、電子レンジで約30秒加熱し、溶かす。はけなどでパンの表面にバターをぬる。側面のパンの縁にも忘れずにぬること。
    バターをぬる
  3. パプリカは一口大の乱切りにする。フライパンにオリーブ油小さじ1を熱し、パプリカを入れて塩、こしょう各少々をふり、うすく焼き色がつくまで炒める。
  4. クリームチーズは1.5cm角に切る。ツナ缶は缶汁をきって、大きめにほぐす。
  5. 1に3、4を入れ、天板にのせる。
  6. ボウルに卵を割り入れ、泡立て器で混ぜ、そのほかの卵液の材料も加えて混ぜる。玉じゃくしですくって3の容器の八分目まで注ぎ、30秒〜1分おく。卵液がパンにしみて、少しかさが減ったら、残りの卵液を注ぐ。オーブンに入れて40〜45分、竹串を刺してみて、生地がついてこなくなるまで焼く。
  7. 焼き上がったら、容器ごと網の上にのせ、さます。ふくらんだ生地が落ち着いて完全にさめたら、手で受けながらそっと容器から出し、すぐに網にのせる。オーブン用ペーパーをはずし、好みの大きさに切り分ける。

※カロリー・塩分は1/4切れ分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

【容器について】
ここではグラタン用の耐熱陶器を使用。ほかにも、高さが4cm以上ある角形の耐熱ホーロー容器や、角形の耐熱ガラス容器などでも代用できる。

※余ったパンの耳やパンは、「かりんとう風ラスク」などにしても。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //