ぶりの照り焼き

ぶりの照り焼き

脂が多いので、ある程度焼いて脂を落とすのがポイント

カロリー
252kcal
カテゴリ:
魚介のおかず > 魚介の焼き物・ソテー > ぶりの照り焼き
ジャンル:
和風
レシピ作成・調理:
藤野嘉子
撮影:
川浦堅至

材料(2人分)

つけ汁(しょうゆ大さじ1、酒大さじ1)

たれ(しょうゆ大さじ1、みりん大さじ2)

ぶり(切り身)…2切れ

甘酢しょうが…適宜

下ごしらえ

1.

バットにつけ汁の調味料を混ぜ合わせる。小鉢にたれの調味料を混ぜ合わせる。

作り方

1.

ペーパータオルでぶりの水けや血をていねいにふきとり、ぶりをつけ汁に入れ、10~15分つける。途中で裏返し、味をよくしみ込ませる。

《グリルを上手に使うには》グリルの受け皿は、魚の脂が落ちてこびりついたり、引火しないように、水を入れて使います。水の分量が多いと蒸し焼きになってしまうので、約1/2カップを目安に。また、網に魚がつかないように、あらかじめ熱しておくか、薄く油をぬっておきます。

2.

《焼く》グリルに水を入れて熱し、ぶりを、盛りつけたとき裏になるほうを上にしてのせ、強火で焼く(身が割れやすいので、返すのは1度だけにする)。焼き目がついたら、ぶりの身をくずさないようにフライ返しを添えて静かに裏返す。焼き目が少しついてきたら、たれをはけで2~3回ぬりながら照りよく焼く。

●焼き始めは脂が出てたれがのらないので、ある程度焼いてからたれをぬって味をなじませる。

3.

《盛る》ぶりを皿に盛り、甘酢しょうがをぶりの手前に立てかけるように添える(これを前盛りという)。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X