ぶりの天ぷら

時短でラク
508kcal
1.5g
15min
ぶりの天ぷら
ぶりの天ぷら

吉田瑞子さんのレシピ

しっかりした味で立田揚げ風

材料(2人分)

ぶり…2切れ
下味(しょうが汁1かけ分、しょうゆ小さじ2、みりん小さじ1)
れんこん…約5cm
さやいんげん…4本
ころも(溶き卵1/2個分、冷水70ml、小麦粉1/2カップ)
・揚げ油、塩

作り方

  1. ぶりは一口大のそぎ切りにして、バットに並べて下味の材料をかけ、上下を返して約5分漬ける。

    味がよくしみるように並べて下味の材料をかけ上下を返してしっかり味をなじませる。
  2. ころもの溶き卵を冷水と混ぜ、小麦粉とさっくり混ぜ合わせる。れんこんは7〜8mm厚さの輪切りにする。
  3. 揚げ油を高温(約180℃)に熱し、れんこんといんげんにころもをつけて揚げ、塩適宜をふる。続けて1のぶりの汁けをペーパータオルでふいてころもをつけ、カラリと揚げる。好みでレモンを添える。

    ころもがつきやすいように、また油はねしないように汁けをきちんとふき取る。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

吉田瑞子
料理研究家、フードコーディネーター。おもちゃメーカー勤務から料理の世界へ転身。雑誌やテレビなどで活躍する。素材を活かしたバラエティに富んだ料理が得意で、著書に「シリコンスチーマーで作る魔法のレシピ64」(辰巳出版)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 砂川千恵子

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

ぶり
ぶり
寒ぶりといわれるように、12月〜2月の厳寒期が旬。「鰤」の字は、師走(12月)ごろからお…
しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…
れんこん
れんこん
11月ごろから年末にかけて、価格も安くなってくる冬野菜のれんこん。はすの肥大した地下茎で…
いんげん
いんげん
いんげん豆をさやごと若採りし、野菜として食べるさや豆の代表、さやいんげん。ケンタッキー・…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ34356品をご紹介!