ミニトマトのピクルス

時短でラク
104kcal
0.7g
15min
ミニトマトのピクルス
ミニトマトのピクルス

食べたら足して常備しておくと重宝

材料(作りやすい分量)

ミニトマト(赤)…20個
ミニトマト(黄)…8個
ピクルス液(白ワイン1カップ、酢1カップ、にんにく1片、赤とうがらし1本、ローリエ1枚、黒粒こしょう小さじ1、塩少々)

作り方

  1. ミニトマトはようじで刺して穴を数個あける。
    穴を数個あけておくと味が中までしみる。
  2. ピクルス液の材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせてさます。
  3. 煮沸消毒した瓶にミニトマトを詰め、ピクルス液を注ぐ。
    水けをふいたミニトマトを入れさましたピクルス液を注ぎ入れる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

河合真理
料理研究家、フードコンサルタント。斬新なアイデアを取り入れた和食ベースの料理が人気。祖母は料理研究家の草分けの一人であった阿部なを氏。著書には「迷宮レストラン―クレオパトラから樋口一葉まで」(日本放送出版協会)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

食材の扱い方・ポイント

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…
にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //