簡単大学いも

398kcal
0.0g
簡単大学いも
簡単大学いも

作るのが面倒なあの料理も、レンジにお任せ

材料(作りやすい分量)

  • さつまいも…1本(約160g)
  • 黒いりごま…小さじ1/2
  • みつ
  •  ・砂糖…大さじ3
  •  ・水…大さじ2
  •  ・レモン汁…少々
  • ・サラダ油
さつまいも…1本(約160g)
黒いりごま…小さじ1/2
みつ
 ・砂糖…大さじ3
 ・水…大さじ2
 ・レモン汁…少々
・サラダ油

作り方

  1. さつまいもは乱切りにし、水に約5分さらして水をきる。耐熱ボウルに入れて、油小さじ2をかけてよくあえる。
  2. 1のボウルにラップをかけ、電子レンジで約2分加熱する。そのまま約1分おいて取り出し、耐熱性のへらなどで上下を返す。再びラップをかけて電子レンジで約2分加熱する。ボウルを取り出してそのままおいて蒸らす。
  3. 別の大きめの耐熱ボウルにみつの材料を入れて、ラップをかけずに電子レンジで約1分20秒加熱する(ボウルが小さいとはねることがあるので注意する)。砂糖が溶けたら熱いうちに取り出し、耐熱性のへらで混ぜる。再びラップをかけずに電子レンジで約3分30秒加熱する。熱いうちに取り出して、2を加えてあえ、黒ごまをふる。

※カロリー・塩分は全量ででの表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

脇雅世
脇雅世
料理研究家。フランスに約10年滞在し、ル・コルドン・ブルーのパリ校で学ぶ。帰国後は料理学校の国際部ディレクターに就任、テレビや雑誌などで活躍。フレンチだけでなく、和食や菓子も得意とする。

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

さつまいも
さつまいも
秋の味覚の一つ、さつまいも。ほくほくして甘く、おかずやおやつに人気です。原産は中南米とい…

基本の扱い方

洗う

土など汚れがついている場合は、指でこすって水洗いを。最近はきれいに洗って売られているものが多いので、たわしでゴシゴシ洗う必要はありません。また、力強くこすりすぎると赤い薄い皮が破れ、皮つきのまま調理する際、仕上りが美しくないので注意して。

水につける

調理に合わせて切ったそばから水につけるのが、色よく仕上げるコツです。切り口が空気に触れて時間がたつと、でんぷんが黒く変色しますが、水につけることで、でんぷんが水に流れ出て、変色を防ぐことができます。さっと混ぜて水をきります。

皮をむく

いつものおかずでは皮をむく必要はありませんが、正月のきんとんや、スイートポテトなどの菓子を作る場合は、皮を厚めに(約3mm)むきます。皮の近くは繊維が多いので、厚くむくことで、裏ごしなどをする場合もなめらかに、色よく仕上がります。

切り方

輪切り

横にして置き、端から料理に応じた厚さに切ります。

拍子木切り

料理に応じた厚さの輪切りにしたものを重ねて、5〜6mm幅に縦に切ります。

角切り

料理に応じた厚さの輪切りにして、拍子木切りにしたら、横にして端から1cm幅に切ります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //