栄養ぎっしりだから、茎も葉ももう捨てない! ブロッコリーが丸ごとおいしい料理のアイデア5選

#食 
「まるごとブロッコリーととりの甘辛しょうゆ煮」

ブロッコリーの茎や葉、捨てていませんか? ブロッコリーは100g(3分の1株くらい)で1日に必要なビタミンCが摂れる、といわれるほど栄養価の高い食材。もちろん茎や葉の部分にも栄養は含まれており、それを捨てるなんてとんでもなくもったいない! 茎の部分も食べてみると甘くておいしいのですが、なかには「固くて食べにくい」「どう使っていいかわからない…」という意見もちらほら。そこで、茎まで丸ごとおいしく食べられるレシピをご紹介しましょう!

まるごとブロッコリーととりの甘辛しょうゆ煮

【材料・2~3人分】
とりもも肉…1枚(約250g)、ブロッコリー…1個(約300g)、しょうがの薄切り…1かけ分、にんにくの薄切り…1片分、甘辛だれ(しょうゆ…大さじ3、砂糖・みりん…各大さじ1)、ごま油

【作り方】
1.ブロッコリーはかたい部分をむいて芯ごと大きめの房に切り分ける。長ければ半分に切る。とり肉は余分な脂を除いて8等分に切る。

2.フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、しょうが、にんにくを1~2分炒める。香りが立ったら、とり肉を加えて2~3分焼く。上下を返して甘辛だれの材料を混ぜて加え、煮立ったらブロッコリーを加える。再び肉の上下を返してふたをし、7~8分煮る。
(1人分262kcal、塩分2.8g 調理/小田真規子 栄養計算/スタジオ食)

芯の部分が固くて食べにくいと感じる場合は、とりもも肉と一緒に煮物にしてしまいましょう! 根元に近い部分の皮がかたすぎる場合はむいてしまえばOK。とりの旨みがいい具合にブロッコリーにしみこんで、花蕾よりも茎の方に箸が伸びるかもしれません♪ 

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「ブロッコリー」のレシピ

■プチ贅沢したいときのおつまみ特集はこちら


“ちょっといいお酒、ちょっと特別なイベントがあるときにぴったりな簡単&おいしいレシピ”

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //