白菜のアジアンにゅうめん

412kcal
3.5g
白菜のアジアンにゅうめん
白菜のアジアンにゅうめん

とろりと煮えた白菜とそうめんは相性ピッタリ

材料(2人分)

  • ひき肉だね
  •  ・豚ひき肉…100g
  •  ・にんにくのみじん切り…少々
  •  ・塩…小さじ1/3
  •  ・こしょう…少々
  • 白菜…4枚
  • そうめん…150〜180g
  • ナンプラー…大さじ1 1/2〜2
  • ・粗びき黒こしょう
ひき肉だね
 ・豚ひき肉…100g
 ・にんにくのみじん切り…少々
 ・塩…小さじ1/3
 ・こしょう…少々
白菜…4枚
そうめん…150〜180g
ナンプラー…大さじ1 1/2〜2
・粗びき黒こしょう

作り方

  1. 白菜は食べやすい大きさのざく切りにする。
  2. そうめんはたっぷりの熱湯で袋の表示時間よりも短く、かためにゆでてざるにあけ、水でよく洗って水をきる。
  3. 鍋に水4カップを入れて火にかける。ひき肉だねの材料をボウルに入れて粘りが出るまで手でよく混ぜ、鍋の水が沸騰したら、一口大にまとめて落とし入れる。ナンプラーを加え、1を加えてふたをし、約3分煮る。
    水が沸騰したらひき肉だねを片手で一口大にまとめて落とし入れる。ひき肉のうまみで、おいしいスープになる。
  4. 白菜がやわらかくなったら2を入れてひと煮立ちさせて器に盛り、こしょう適宜をふる。好みで香菜(シャンツァイ)をのせても。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

植松良枝
植松良枝
料理研究家。野菜や魚介類、果物などの食材の旬を大切に、季節感あふれる料理を提案。自らの畑で多くの野菜も栽培。仕事の合間を縫ってアジアやヨーロッパなど国内外を旅行し、各地の食文化に触れている。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • エスニック
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

白菜
白菜
一年を通して出回っている白菜ですが、旬は冬。寒くなるにつれ、肉厚になって甘みが増します。…

基本の扱い方

葉をはずす

株元に包丁を入れ、1枚ずつ手ではずしていきます。

切り方

ちぎる

ポキンと折るようにしてちぎります。切り口の表面積が広くなり、味が入りやすくなります。短時間で味をからめたい炒めものなどに。

そぎ切り

株元のほうから、2〜3cm幅に包丁を斜めに入れて、そぐように切ります。

ざく切り

1枚を縦半分にしたら、2枚を重ね、株元から5〜6cm長さに切ります。鍋ものなどに。

繊維に対して直角に切る

繊維に対して直角に(繊維を切るように)、料理に合わせた幅に切ります。
生でサラダにする場合や、浅漬けのときに。食べやすく、短時間で味がなじみます。

繊維に沿って切る

1枚を扱いやすい長さ(2〜3等分)に切り、繊維に沿って、料理に合わせた幅に切ります。
歯ごたえを残したい炒めものなどに。また、浅漬けでも、翌日に食べるなら、この切り方のほうがおすすめ。

刻む

ひき肉だねに混ぜ込むときなどは、繊維に沿って切ってから、繊維に対して直角に刻みます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //