きくらげとミニトマトのあえもの

時短でラク
67kcal
1.4g
5min
きくらげとミニトマトのあえもの
きくらげとミニトマトのあえもの

コリコリとした歯ごたえのよさがうれしい

材料(2人分)

きくらげ…10g
ミニトマト…8個
しょうがのせん切り…1/2かけ分
万能ねぎの小口切り…1本分
合わせ調味料
 ・ごま油…小さじ2
 ・しょうゆ…小さじ1
 ・塩…小さじ1/3

作り方

  1. きくらげはたっぷりの水でもどし、大きいものは半分に切り、さっとゆでて湯をきる。ミニトマトは縦半分に切る。
  2. ボウルにきくらげ、しょうが、万能ねぎ、合わせ調味料を入れて混ぜる。ミニトマトを加えてさっとあえる。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • エスニック
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 宗田育子

食材の扱い方・ポイント

きくらげ
きくらげ
ブナやカエデなどの、朽ち木や生木に、梅雨から秋にかけて発生するきのこの一種。原木や菌床(…

基本の扱い方

もどす

ひたひたの水にしばらくつけてもどします。もどし時間は、商品の表示に従うとよいでしょう。目安は10〜20分で、かさは3〜4倍になります。

石づきを除く

根元の、ざらざらしてかたい石づきの部分をつまんで除きます。

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

基本の扱い方

つぶす

まな板にしょうがを置いて、木べらなどをあて両手で押さえてつぶします。

切り方

薄切り

針しょうがやせん切りになど、飾り切りにする場合は、皮を薄くむいたら、繊維の方向に、端からできるだけ薄く切ります。
炒めものなど、見た目を気にしない場合は、繊維を断つ方向に切ってもよいでしょう。

せん切り

薄切りを縦に置いて2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。

みじん切り

せん切りを横に向きを変えて、端からできるだけ細かく切ります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //