鯛の塩釜焼き

157kcal
0.7g
鯛の塩釜焼き
鯛の塩釜焼き

焼き固まった塩を割るのも楽しい、鯛の塩釜焼き。塩釜効果で、鯛にじんわりと火が通り、身はふっくら。

材料(作りやすい分量・2〜3人分)

  • (下処理をしたもの)…1尾(500〜600g)
  • 卵白…3個分(約100g)
  • 昆布(10×20cm)…1枚
  • 粗塩(自然塩)…1�
  • ・小麦粉
鯛(下処理をしたもの)…1尾(500〜600g)
卵白…3個分(約100g)
昆布(10×20cm)…1枚
粗塩(自然塩)…1�
・小麦粉

下ごしらえ

  1. バットに少量の水を入れ、昆布をつけてもどす。
  2. オーブンを200℃に予熱する。
  3. 鯛は水洗いしてペーパータオルで水けをしっかり拭く。

作り方

  1. ボウルに卵白を入れ、泡立て器で少し泡立つくらいまで溶きほぐす。
  2. 粗塩と小麦粉大さじ3を加え、ゴムべらなどに持ち替えて全体を混ぜる。

    ●小麦粉を加えることで塩釜がよりしっかり固まり、焼き固まった塩がはずしやすくなる。
  3. もどした昆布を3cm長さ分切り分け、鯛の腹に詰める。オーブン用の耐熱容器にオーブン用ペーパーを敷き、2の半量を広げる。残りの昆布を中央にのせ、その上に鯛をのせる。

    ●塩を天板に直接広げて焼いてもいいし、アルミやホーロー引きなどのオーブン対応容器に入れても。下にオーブン用ペーパーを敷いておくと、あとの処理がラクに。
  4. 残りの2で鯛全体を均一に包み、形を整える。

    ●塩が鯛にどんどん入ってしまうので、包んだらすぐに焼くこと。
  5. オーブンに入れて約30分焼く。取り出して塩を割ってよけ、鯛をほぐして器に取り分ける。好みでゆずなどのかんきつを添えても。

    ●焼き上がってからも塩が魚に入っていくので、ほったらかしにせずに早めに塩を除き、目立つ塩ははけなどではらう。あつあつを食べて!

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 新居明子

食材の扱い方・ポイント

鯛
「鯛」と名のつく魚は200種以上ありますが、本当のタイ科の魚は、「真鯛」「血鯛」「黒鯛」…

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //