まるごとスイートポテト

535kcal
まるごとスイートポテト
まるごとスイートポテト

まるごとスイートポテト

渡辺麻紀さんのレシピ

しっとりリッチな生地に、濃厚なカスタードクリームを合わせた

材料(作りやすい分量・4個分)

  • 生地
  •  ・さつまいも…2本(約640g)
  •  ・卵黄…2個分
  •  ・生クリーム…1/4カップ
  •  ・バター…30g
  •  ・砂糖…40〜50g
  •  ・ラム酒…小さじ2
  • カスタードクリーム
  •  ・卵黄…2個分
  •  ・薄力粉…20g
  •  ・牛乳…1カップ
  •  ・砂糖…40g
  •  ・バニラエッセンス…1〜2滴
  • 溶き卵…1/2個分
生地
 ・さつまいも…2本(約640g)
 ・卵黄…2個分
 ・生クリーム…1/4カップ
 ・バター…30g
 ・砂糖…40〜50g
 ・ラム酒…小さじ2
カスタードクリーム
 ・卵黄…2個分
 ・薄力粉…20g
 ・牛乳…1カップ
 ・砂糖…40g
 ・バニラエッセンス…1〜2滴
溶き卵…1/2個分

作り方

  1. さつまいもは皮つきのままアルミホイルで包む。厚手の鍋に薄手のふきんを敷き、水2カップを注いでさつまいもを入れ、ふたをして火にかける。沸騰したら弱めの中火にし、35〜40分、アルミホイルの上から竹串を刺してみてスッと通るようになるまで蒸す。途中一度上下を返し、湯がなくなるようなら足すこと。
    さつまいもの種類によって蒸し上がる時間が異なるので、様子を見ながら蒸して。
  2. カスタードクリームを作る。ボウルに卵黄と砂糖半量を入れ、白っぽくなるまで泡立て器ですり混ぜる。薄力粉をふるい入れ、なじむまで混ぜる。小鍋に牛乳と残りの砂糖を入れて火にかけ、かき混ぜながら、鍋の縁がふつふつするまで煮る。ボウルに加えながら泡立て器で混ぜ、全体に混ざったら小鍋に戻す。
  3. 小鍋を再び火にかけ、泡立て器で混ぜながら煮る。ぽこぽこと大きい泡が出てきたら弱めの中火にし、約1分混ぜながら煮る。バニラエッセンスを加えて混ぜる。ボウルに移し、ラップを表面にぴったりとかけ、さます。
  4. 熱いので気をつけながら、1のさつまいもを乾いたふきんなどでつかんで取り出し、縦半分に切る。厚手のふきんに包んで持ち、皮を破かないよう、皮から3〜4mmのところまで身をスプーンでくりぬき、ボウルに重ねたざるに入れる。皮は使うのでとっておく。
  5. くりぬいたさつまいもは熱いうちに手早くへらやスプーンで潰して裏ごしし、生地の材料のバター、砂糖を順に加えて、そのつどなじむまで混ぜる。卵黄、生クリーム、ラム酒も順に加えてそのつど混ぜる。
    さつまいもがさめてしまった場合は、耐熱容器に入れてラップをかけ、砂糖が溶けるくらいの熱さになるまで、電子レンジで加熱して。
  6. さつまいもの皮の中に、スプーンで3のカスタードクリームを皮の高さの半分くらいまでぬり、その上に5をこんもりと詰めて、表面をナイフなどでなめらかに整える(このときナイフに水をつけながら整えるとやりやすい)。
    カスタードクリームが残った場合は、パンなどにぬって食べて。
  7. 溶き卵をはけか指の腹で、皮以外の6の表面にまんべんなくぬる。皮の部分をアルミホイルで包み、オーブントースターで表面にこんがりと焼き色がつくまで7〜8分焼く。
    冷蔵庫で約3日保存可。焼く前の状態であれば、ラップをかけ、冷凍室で約1カ月保存できる。

※カロリー・塩分は1個分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

残った卵白は冷凍保存して、みそ汁やチャーハン、揚げもののころもなどに使っても。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

食材の扱い方・ポイント

さつまいも
さつまいも
秋の味覚の一つ、さつまいも。ほくほくして甘く、おかずやおやつに人気です。原産は中南米とい…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31486品をご紹介!