とり手羽中のナンプラー焼き

242kcal
2.9g
とり手羽中のナンプラー焼き
とり手羽中のナンプラー焼き

レタスクラブ調味料部

小林まさみさんのレシピ

こうばしい風味がビールにもぴったり!

材料(2人分)

とり手羽中…6本
とうもろこし…1本
漬けだれ
 ・ナンプラー…大さじ2
 ・砂糖、ごま油…各大さじ1

作り方

  1. とうもろこしは長さを4等分に切り、縦半分に切る。手羽中は骨に沿って切り込みを入れる。
    手羽中は骨に沿って切り込みを入れると、漬けだれがよくしみる。また食べるときに身がはずれやすくなり食べやすい。
  2. ポリ袋に漬けだれの材料を入れ、よくもんで混ぜる。手羽中、とうもろこしを順に加えてそのつどよくもむ。袋の口を閉じ、冷蔵庫で2時間以上おく。
  3. 2を取り出して袋のまま約20分おき、室温にもどす。手羽中、とうもろこしを魚焼きグリルに並べて約6分焼き、上下を返してさらに約6分焼く。途中焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせる(一度に並べきらない場合は、2回に分けて焼く)。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

小林まさみ
小林まさみ
料理研究家。結婚後、料理研究家を目指して働きながら調理師学校で学ぶ。在学中から料理研究家のアシスタントなどを務め独立し、その後は雑誌、単行本、テレビ、企業のレシピ開発、イベントなどで活動。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • エスニック
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

食材の扱い方・ポイント

とうもろこし
とうもろこし
南アメリカ原産。コロンブスがヨーロッパに持ち帰って世界中に広まり、なくてはならない穀類・…

基本の扱い方

皮をむく

皮は調理の前にむき、ひげまできれいに除きます。むきにくいときは、1枚ずつ、根元のほうへ引っ張って。

実をはずす(1)

包丁の刃元を実に縦に差し込み、えぐるようにして、2〜3列はずします。

実をはずす(2)

はずした部分に親指をあて、つけ根に力を入れて、はずしていきます。こうすると栄養の多い胚芽まで、きれいにはずれます。

電子レンジで加熱

そのまま食べる場合や、加熱してから調理する場合は、電子レンジが手軽。
皮をむいたら、ラップで全体をぴったりと包み込み、電子レンジで加熱します。1本(約300g)当たり、約6分を目安にして。
皮つきの場合は、皮をむかずに、そのまま加熱してもOK。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31291品をご紹介!