ガーリックステーキ

ガーリックステーキ

牛肉は、室温に戻すことを忘れずに

カロリー
612kcal
カテゴリ:
肉のおかず > 牛肉 > ビーフステーキ
ジャンル:
洋風
イベント:
おもてなしパーティー
プロ料理家:
藤野嘉子
撮影:
川浦堅至

材料(2人分)

にんにく…2片

クレソン…適宜

牛肉(ステーキ用)…2枚(400g)

揚げ油…適宜

冷凍フライドポテト…200g

サラダ油…大さじ2

・塩、粗びき黒こしょう

下ごしらえ

1.

にんにくは薄切りに。クレソンは洗って水をきる。牛肉は室温にもどす。

作り方

1.

《つけ合わせを作る》揚げ油を高温(180℃)に熱し、冷凍フライドポテトを入れ、きつね色に揚げる。

2.
牛肉は筋を切り焼く直前に塩、こしょうする

牛肉は筋を切り焼く直前に塩、こしょうする

牛肉は赤身と脂身の間にある白い筋に包丁で3~4カ所切り込みを入れて(筋を切って、焼いたときにそり返るのを防ぐ)、焼く直前に、肉の両面に塩と粗びきこしょうをしっかりふる。

●早く塩をふると、肉がかたくなって味が落ちるので注意する。

《かたい肉をおいしく食べる方法は?》すりおろした玉ねぎとにんにくの薄切り、オリーブ油を混ぜたものに牛肉をしばらくつけておくと、肉の繊維がやわらかくなり、おいしさも増します。

3.
初めは強火で、焼き色がついたら中火にする

初めは強火で、焼き色がついたら中火にする

《焼く》フライパンに油とにんにくを入れ、弱火にかけてにんにくがカリッときつね色になるまで焼き、にんにくを取り出す。

●焦がすと、油が焦げ臭くなるので注意する。

4.

油の残ったフライパンを強火にかけて熱し、肉を表側(盛りつけたとき表になるほう)から焼く。フライパンを揺すりながら焼き(油をまんべんなく行き渡らせ、焦げつきを防ぐ)、軽く焼き色がついたら中火にし、こんがりとした焼き色がついたら裏に返す。フライパンを揺すりながら好みの加減に焼く。火を止めたあとも余熱で少し火が入るので、レアの場合は30秒ほど焼く。ミディアムやウエルダンの場合はさらに焼く。

5.

《盛る》フライドポテトを皿の奥の左側に盛り、右側にクレソンを添える。手前にステーキを盛り、にんにくチップを散らす。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X