レタスとサーモンのスパゲッティーニ

528kcal
3.1g
レタスとサーモンのスパゲッティーニ
レタスとサーモンのスパゲッティーニ

HATAKEのパスタ

神保佳永さんのレシピ

レタスは最後に入れてシャキシャキの歯ざわりを残して

材料(2人分)

レタス…1/2個(約250g)
スモークサーモン...100g
粉チーズ...大さじ1
にんにくのみじん切り...小1片分
赤とうがらし…1/2本
スパゲッティーニ…160g 
白ワイン…1/4カップ
塩、オリーブ油

作り方

  1. レタスの軸の部分は薄切り、葉はざく切りにする。
  2. 熱湯に塩適量を入れて混ぜ、スパゲッティーニを袋の表示どおりにゆで始める。
  3. フライパンににんにく、赤とうがらし、オリーブ油大さじ2を入れ、弱火にかける。香りが立ったら中火にし、サーモンを加える。木べらでサーモンを粗くくずしながら炒め、表面の色が変わったら、レタスの軸を加えてしんなりするまで炒める。ワインを加えてアルコール分をとばす。
  4. 2のゆで汁大さじ3を3に加え、さらにゆで上がったスパゲッティーニをトングなどで軽く湯をきって加えて混ぜる。
  5. レタスの葉を2回に分けて加え、そのつどさっと炒め合わせる。味をみて足りなければ塩少々で調味する。器に盛り、粉チーズをふる。
    生のレタスはかさがあるため、葉は2回に分けて加える。1回目を入れてなじんだら、2回目を加える。食感を残したいので、さっと炒めるだけでOK。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

【パスタの基本のゆで方】
パスタをゆでる場合は、パスタ160gに対して熱湯2.5L、塩大さじ1 1/2が目安。火加減は強めの中火にし、麺が沈まずに鍋の中で常に対流するようにする。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • イタリアン
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 邑口京一郎

食材の扱い方・ポイント

レタス
レタス
サラダ野菜としておなじみのレタスは、みずみずしくシャキッとした歯ざわりが身上です。夏場に…

基本の扱い方

葉をきれいにはがすには

包丁を入れて芯(しん)をくり抜き、その穴に流水を注ぐと、きれいにはがせます。ただし、金属に触れて時間がたつと、変色する場合があります。

切り方

氷水にさらす

サラダや生の葉野菜は、パリッとした歯ざわりが命。たっぷりの氷水につけておけば、少し元気のなかった野菜でも、シャキッとした鮮度を取り戻します。最後に水けをよくきること。

手でちぎる

外側から1枚ずつ葉をはずしたら、金け(かねけ)を嫌うので、包丁で切らずに手で大きめにちぎって食べやすい大きさに。

せん切りにするときは

葉を何枚か重ねて端からせん切りにします。

スープ煮や炒めものには

葉を細かく刻んで加熱すると、クタクタになってしまうので、芯の部分がつながったままの状態で大きめのくし形に切るのがおすすめ。外側のかたい葉は、ビタミン豊富。捨てずに加熱調理に使って。

保存

保存するときは

みずみずしさを保つために、軽く湿らせたペーパータオルでおおい、さらに食品保存用のポリ袋などに入れてから冷蔵保存を。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31415品をご紹介!