帆立とチンゲン菜の中華炒め

206kcal
1.5g
20min
帆立とチンゲン菜の中華炒め
帆立とチンゲン菜の中華炒め

藤野嘉子さんのレシピ

野菜たっぷりの中華炒め。ボリューム満点

材料(2人分)

ボイル帆立…200g
チンゲン菜…2株
にんじん…1/2本
きくらげ(乾燥)…2g
しょうがの薄切り…2〜3枚
とりガラスープの素…小さじ1/2
水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1+水小さじ1)
・サラダ油、酒、ごま油、塩

作り方

  1. 帆立はひもと貝柱の間にある濃い茶色の部分を除き、大きければ半分に切る。チンゲン菜は四つ割りにし、さらに長さを半分に切る。にんじんは4cm長さの短冊切りにする。きくらげは水でもどす。

    ひもの裏側についている濃い茶色の部分は、うまみがなく、かんでも口に残ってしまい、口当たりを悪くするので取り除いて。手で簡単に取れます
  2. フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、チンゲン菜、にんじん、きくらげの順に炒め、しんなりしたら取り出す。
  3. 同じフライパンにサラダ油大さじ1/2を足し、帆立を入れて炒める。
  4. 2を戻し入れ、さらに軽く炒めて水1/2カップ、スープの素、しょうが、酒大さじ1を加えて2〜3分煮る。
  5. 水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、ごま油小さじ1と塩少々で調味する。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤野嘉子
大学在学中から料理番組のアシスタント、料理研究家助手を務める。その後フリーとなり雑誌、テレビ、講習会で料理の指導をする。著書に「女の子の好きなお弁当」(文化出版局)、「魚のおかずに強くなる」(オレンジページ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 貝塚隆

食材の扱い方・ポイント

チンゲン菜
チンゲン菜
中国野菜の中では日本に最も定着した野菜で、結球しない小白菜の仲間です。くせのない穏やかな…
にんじん
にんじん
赤い色が食欲をそそる、緑黄色野菜の代表。生で、煮る、炒める、揚げるなど、さまざまな調理法…
きくらげ
きくらげ
ブナやカエデなどの、朽ち木や生木に、梅雨から秋にかけて発生するきのこの一種。原木や菌床(…
しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31595品をご紹介!