ふきととりささ身の煮物

78kcal
1.1g
20min
ふきととりささ身の煮物
ふきととりささ身の煮物

色をきれいに残すためにうす口しょうゆで味つけ

材料(作りやすい分量・4人分)

  • ふき…1束(300g)
  • とりささ身…4本(160g)
  • 煮汁(だし汁1 1/2カップ、うす口しょうゆ大さじ1、みりん大さじ3)
  • ・塩、片栗粉
ふき…1束(300g)
とりささ身…4本(160g)
煮汁(だし汁1 1/2カップ、うす口しょうゆ大さじ1、みりん大さじ3)
・塩、片栗粉

下ごしらえ

  1. ((板ずりする))ふきはゆでる鍋の大きさにあわせた長さに切る。色鮮やかに仕上げるために色止めをする。まな板に並べてまんべんなく塩をふり(1束に対して小さじ1ぐらい)、手で転がしてまぶしつける。
  2. ((ゆでる))たっぷりの熱湯にふきを入れ、途中で上下を返しながら3〜4分ゆでる。いちばん太いところに爪を当て、やわらかくなっていれば、ざるに上げる。
  3. ((皮をむく))冷水にとって冷まし、根元のほうの切り口に爪を引っかけて端をつまんで引き、皮をむく。

作り方

  1. ふきは下ごしらえをし、4cm長さに切る。ささ身は筋を取り、厚みを半分に切り、1cm厚さのそぎ切りにする。塩少々をふって片栗粉大さじ1をまぶす。
  2. 鍋に煮汁の材料を入れて温め、ささ身を加え、強めの中火で煮る。
  3. ささ身の表面が白くなったらふきを加え、ひと煮立ちさせる。

    残った分は、鍋で温め直して食べると、味がさらにしみておいしい。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤野嘉子
大学在学中から料理番組のアシスタント、料理研究家助手を務める。その後フリーとなり雑誌、テレビ、講習会で料理の指導をする。著書に「女の子の好きなお弁当」(文化出版局)、「魚のおかずに強くなる」(オレンジページ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

食材の扱い方・ポイント

ふき
ふき
春の山菜の一つ、ふき。日本原産で、全国の山野に自生していますが、一般に出回るのはほとんど…

基本の扱い方

板ずりする

ふきはゆでる鍋の大きさに合わせた長さに切り、まな板に並べてまんべんなく塩をふり(1束に対し小さじ1程度)、手で転がしてまぶしつける。

ゆでる

たっぷりの熱湯にふきを入れ、途中で上下を返しながら3〜4分ゆでる。いちばん太いところに爪を立て、やわらかくなっていれば、ざるなどに上げる。

皮をむく

冷水にとってさましたら、根元のほうの切り口に爪を引っ掛けて、端をつまんで引き、皮をむく。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //