とりとこんにゃくの甘辛煮

320kcal
1.8g
30min
とりとこんにゃくの甘辛煮
とりとこんにゃくの甘辛煮

こんにゃくによーく味がしみた、ご飯が進むおかず

材料(2人分)

とりもも肉…大1枚(300g)
細切りこんにゃく(または糸こんにゃく)…1袋(200g)
絹さや…40g(25枚)
・酒、塩、しょうゆ、みりん

作り方

  1. こんにゃくは熱湯でゆでる。絹さやは筋をとって塩少々を入れた熱湯で色よくゆでる。
  2. 鍋に水1/2カップ、酒、しょうゆ、みりん各大さじ2を入れて煮立て、1のこんにゃくを加えて弱火で約5分煮て味をしみこませる。
  3. とり肉を大きいまま入れて落としぶたをし、10分くらい煮る。とり肉を取り出して5mm厚さにそぎ切りにし、こんにゃくとともに器に盛る。絹さやも添え、上から煮汁をかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

石原洋子
石原洋子
料理研究家。長年、自宅にて料理教室を主宰。家族が喜ぶ定番の料理からおもてなしの料理まで、誰でも再現しやすいように考え抜かれた幅広いレシピが人気。雑誌や書籍のほか、テレビでも活躍している。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 岡本真直

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

絹さや・スナップえんどう
絹さや・スナップえんどう
旬は春から初夏。いずれも、えんどう豆の若いさやを食べる品種です。絹さやは、実が成長してい…

基本の扱い方

筋を取る

さやの両側についた筋は食べるときに口に残るので、取り除いてから調理します。
さやの先端からへたに向かってそっと引くように筋を取り除き、そのままへたを小さく折り、続けて反対側の筋を引いて取り除きます。

絹さやをゆでる

絹さやは、塩を加えた熱湯でさっとゆで、すぐに冷水にとって冷やし、冷えたらすぐ水を切ります。
下ゆでせずにじかに炒める場合は、水にさらすとよいでしょう。炒める前に水にさらしてシャキッとさせ、よく水をきってから炒めます。

スナップえんどうをゆでる

スナップえんどうは、塩ゆでするとき、塩と同量の砂糖を湯に加えると、独特の青臭さをやわらげることができます。
湯3〜4カップに対して塩、砂糖各小さじ1程度を目安に。
スナップえんどうは、加熱しすぎると歯切れのよい食感が損なわれます。ゆで時間は、緑色が鮮やかになる1分〜1分30秒くらいを目安に。ざるに上げたら冷水にとり、色止めをします。より味わいを大切にする場合は、冷水にとらず、ざるに広げて、急激にさましても。

おすすめ読みもの(PR)