金目鯛とにらのみそ蒸し

時短でラク
128kcal
2g
15min
金目鯛とにらのみそ蒸し
金目鯛とにらのみそ蒸し

電子レンジにかけるだけの季節の味

材料(2人分)

金目鯛(切り身)…2切れ(150g)
うど…1/2本(170g)
にら…1わ
みそだれ(しょうゆ、みそ各大さじ1、砂糖小さじ2、しょうがのみじん切り小さじ1)
・塩、酢

作り方

  1. 金目鯛は塩少々をふってしばらくおき、出てきた水分はふき取る。
  2. うどは厚めに皮をむき、斜め5mm幅に切って酢水につけてアクを抜く。にらは5cm長さに切る。みそだれの材料をよく混ぜ合わせておく。
  3. 耐熱皿ににら、うど、金目鯛をのせてみそだれをかけ、ラップをかけて電子レンジで約6分加熱する。金目鯛に火が通っていたら器に盛る。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

石原洋子
石原洋子
料理研究家。長年、自宅にて料理教室を主宰。家族が喜ぶ定番の料理からおもてなしの料理まで、誰でも再現しやすいように考え抜かれた幅広いレシピが人気。雑誌や書籍のほか、テレビでも活躍している。
カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 岡本真直

食材の扱い方・ポイント

うど
うど
日本全国の山野に自生している、日本原産の野菜。朝鮮半島や中国にも分布しています。流通して…

基本の扱い方

皮をむく

扱いやすい4〜6cm長さに切り、切り口を見て、筋目のすぐ内側を切るように、ぐるりと皮をむきます。皮と筋がかたいので、厚めに皮をむくようにして。
むいた皮は、きんぴらにしても。

酢水にさらす

うどはアクがあり、空気に触れると、切り口から酸化して褐色に変色するので、切ったらすぐに、酢少々を加えた水に入れ、10分ほどさらしてアクを抜きます。

にら
にら
餃子でおなじみ、独特な強いにおいをもつにら。春から秋にかけて何度も収穫でき、年間を通して…

基本の扱い方

根元のほうから取り出す

束になっている場合、使う分だけ根元から取り出します。

ざく切りと粗みじん切り

鍋ものや炒めものなどでは5〜6cm長さに、端からざく切りにします。
餃子やみそ汁には、小口から5mm幅くらいの粗みじんに切っていくとよいでしょう。

長いままゆでる

おひたしなどで、きれいに揃えて盛りつける場合は、長いままゆでて、揃えて水を絞ります。フライパンを使うと長いままゆでやすいのでおすすめ。

保存

細かく切って冷凍

保存する場合は、冷蔵保存では葉先からしんなりしやすいので、冷凍保存を。
粗みじんに切って小分けにし、生のままラップで包んで冷凍用保存袋に入れます。みそ汁などには、凍ったまま入れればOK。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //