切り干し大根の煮もの

切り干し大根の煮もの
切り干し大根の煮もの

自然解凍で食べられる、お弁当のおかずを手作りで

材料(小カップ6個分)

切り干し大根(水でもどしてざく切り)…20g
さつま揚げ(5mm幅に切る)…2枚
干ししいたけ…2枚
<A>
 ・砂糖…大さじ1 1/2
 ・しょうゆ…大さじ1 1/2
 ・酒…大さじ2

作り方

  1. 干ししいたけは熱湯1 1/2カップ(分量外)に15分つけ、薄切りにする。もどし汁はとっておく。
  2. 鍋に干ししいたけのもどし汁を入れて熱し、沸騰したら切り干し大根、さつま揚げ、干ししいたけ、Aを加える。ときどき混ぜて汁けをとばしながら、12〜13分いり煮にする。
  3. 粗熱がとれたら汁けをきり、6等分して耐冷性のカップに入れる。金属製のバットに並べ、ふたをして冷凍する。保存期間は2〜3週間。お弁当に使うときは冷凍のまま詰め、3〜4時間後には食べられる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

村田裕子
村田裕子
管理栄養士、料理研究家。栄養バランスとおいしさが両立した、作りやすいレシピが人気。雑誌やテレビ、食品会社のレシピ開発と活躍の幅を広げている。著書は「魔法のパスタ」(主婦と生活社)、「毎日使える!ハンドブレンダー」(講談社)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

切り干し大根
切り干し大根
せん切りや細く削った大根を、すのこの上に広げ、天日で乾燥させたものが切り干し大根。宮崎県…

基本の扱い方

もどす(1)

たっぷりの水に放して、もむようにして軽く洗い、ごみや切りくずを除きます。そのまま酢漬けなどにする場合は、すぐにざるに上げて水を絞り、酢液などに漬けます。

もどす(2)

煮る場合は、洗ったあと、かぶるくらいの水につけてもどします。もどし時間は、商品の表示に従うとよいでしょう。目安は10分ほどです。もどったら、軽く絞って調理します。もどすと、かさは2倍、重さは4倍近くになります。水につけすぎると、風味まで抜けてしまうので、注意して。

干ししいたけ
干ししいたけ
日本料理、中華料理に欠かせない、代表的な乾燥きのこ。干すと生のときよりも香りが強くなり、…

基本の扱い方

もどす

ひだの側を下にして、かぶるくらいの量の水、急ぐ場合は、45℃程度のぬるま湯につけます。
つけておく時間は、水の場合なら1時間、ぬるま湯の場合なら20〜30分程度です。砂糖を少量加えると早くもどります。
●完全にもどったかどうかは、軸のつけ根を爪の先で押してみて確かめます。つけすぎるとうまみが抜けてしまうので注意して。

おすすめ読みもの(PR)