寒い時期のほうれん草はビタミンCがたっぷり! 1わを一度に使い切るメインおかず5つ

#食 

ほうれん草1わを消費できるおかずは他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア4つをご紹介します。

ソーセージとほうれん草のガーリック塩炒め

ウインナーソーセージを使って、栄養もボリュームも満点の一皿に。ほうれん草はカットして電子レンジで加熱し、水にさらしてから加えるとアクが取り除けます。

【画像を見る】大豆の水煮も加えてボリューミーに仕上げた「ソーセージとほうれん草のガーリック塩炒め」


ほうれん草と大根の麻婆煮

麻婆煮にも、ほうれん草を加えれば栄養価がアップ。緑色がプラスされ、彩りもきれいに仕上がります。ほうれん草はさっとゆでてアク抜きをし、最後に加えて。

「ほうれん草と大根の麻婆煮」


とり肉とほうれん草の塩とろみ炒め

片栗粉をまぶしたとりむね肉を炒めて蒸し焼きにし、ほうれん草を加えてさらに蒸し焼きに。スープを入れてとろみをつければ完成です。仕上げにごま油をたらして風味づけを。

「とり肉とほうれん草の塩とろみ炒め」


ほうれん草の卵炒め

バターで炒めたほうれん草に、卵液(卵+牛乳+塩こしょう)を加えてさっと混ぜるだけ。下ゆで不要、5分でできるから朝ごはんにもぴったり!

「ほうれん草の卵炒め」


冬のほうれん草は、夏に収穫されたものと比べてビタミンCの含有量が3倍! ほかにもカリウムや鉄分などのミネラルやβカロチンなどが豊富に含まれています。肉や魚介、卵と一緒に調理すると無理なくもりもり食べられるので、ぜひ主菜にも取り入れてみてください。

文=齋藤久美子(栄養士)

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「ほうれん草」のレシピ

■プチ贅沢したいときのおつまみ特集はこちら


“ちょっといいお酒、ちょっと特別なイベントがあるときにぴったりな簡単&おいしいレシピ”

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //