牛薄切り肉とゆで卵の煮込み

327kcal
3.1g
牛薄切り肉とゆで卵の煮込み
牛薄切り肉とゆで卵の煮込み

薄切り肉とゆで卵にしょうゆ味をしみ込ませて! ご飯が進むおかずです

材料(2人分)

牛薄切り肉…150g
ゆで卵…3個
小松菜…1/3わ
だし汁…2カップ
・しょうゆ、砂糖、酒、みりん、塩

作り方

  1. 小鍋にだし汁、しょうゆ大さじ3〜4、砂糖大さじ2、酒、みりん各大さじ1を入れて火にかける。煮立ったらゆで卵の殻をむいて入れてふたをし、弱火で15〜20分煮る。
  2. 小松菜は塩を加えた熱湯でゆでて冷水にとり、水を絞って5cm長さに切る
  3. 1の煮汁が1/3量くらいになったら、牛肉を広げて1枚ずつ加え、牛肉の色が変わったら火を止める。卵を切って器に盛り、2を添える。
    牛薄切り肉は火を通しすぎるとかたくなるので、最後に加えてさっと火を通す。時間があるときにゆで卵を煮ておけば、温め直して牛肉を入れるだけなので、時間短縮に。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

井澤由美子
井澤由美子
料理家、国際中医師、国際中医薬膳師。旬の食材の効能と素材の味を生かしたシンプルな料理に定評がある。新聞、雑誌、カタログ、イベント、書籍など数多くを手掛け、NHK「きょうの料理」「あさイチ」「趣味どきっ!」「ライフ」などの料理番組にも出演。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 白根正治

食材の扱い方・ポイント

小松菜
小松菜
関東で冬に好まれる野菜の代表格。東京都江戸川区小松川で作られていたことからこの名がありま…

基本の扱い方

根元を洗う

根元に土がたまりやすいので、根の部分を切り取り、水につけて、指で茎と茎の間に水を通すようにして土を洗い流す。

用途に応じた長さに切る

根元がバラバラになるよう、1cmほど切り落として、用途に応じた長さに切る。5cmくらいが食べやすい。切ったあと、根元の部分をもう一度洗うと、土が残る心配がない。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //