とり手羽の照り煮

386kcal
3.1g
とり手羽の照り煮
とり手羽の照り煮

骨つき肉がすぐやわらか!味もよくからむ

材料(2人分)

とり手羽中…6〜8本(約400g)
ゆで卵…2個
チンゲン菜…2株
煮汁
 ・しょうゆ、みりん、砂糖…各大さじ2
 ・酒…大さじ1

作り方

  1. 手羽中は、竹串で皮目に5〜6カ所、穴をあける。
    手羽中は、火の通りをよくし、味をしみこみやすくするために、皮目に竹串で穴をあけておく。
  2. チンゲン菜は5cm長さに切り、軸は四〜六つ割りにする。ラップで包み、電子レンジで約1分加熱する。
  3. 耐熱皿に煮汁の材料を入れて混ぜ、手羽中を入れてからめ、皮目を上にして並べる。ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約3分加熱する。
    少なめの煮汁で加熱することで、より短時間で火が通る。途中、手羽中の上下を返して味をからめる。
  4. 手羽中の上下を返し、再びふんわりとラップをかけて電子レンジで約3分30秒加熱する。竹串を刺して透き通った汁が出ればよい。ゆで卵を加え、時々上下を返しながら約10分おく。
  5. 手羽中を器に盛り、ゆで卵を半分に切ってチンゲン菜とともに添え、煮汁をかける。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

村田裕子
村田裕子
管理栄養士、料理研究家。栄養バランスとおいしさが両立した、作りやすいレシピが人気。雑誌やテレビ、食品会社のレシピ開発と活躍の幅を広げている。著書は「魔法のパスタ」(主婦と生活社)、「毎日使える!ハンドブレンダー」(講談社)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 白根正治

食材の扱い方・ポイント

チンゲン菜
チンゲン菜
中国野菜の中では日本に最も定着した野菜で、結球しない小白菜の仲間です。くせのない穏やかな…

基本の扱い方

根元を切る

根のついていた根元のかたい部分を切り取る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(1)

株が大きい場合は、長さを半分に切り、葉の大きいものは縦半分に切る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(2)

軸は根元から包丁を入れ、縦半分に切り、さらに2等分する。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(3)

軸の太いものは、縦半分にしてから食べやすい大きさに3〜4等分にする。

根元の泥を落とす

根元の軸の内側に泥がついていることがあるので、切り分けたら、広げて水の中で洗う。

四つ割り

縦半分に切って、さらに縦半分に切る。根元に包丁を入れて手で裂いても。
●小ぶりのものは、形を生かして長いまま使っても。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31156品をご紹介!