小あじの南蛮漬け

小あじの南蛮漬け

カリッとした歯ごたえが心地よいあじとピリ辛甘酢が食欲をそそる

カロリー
1人分 305kcal
塩分
2.3g
カテゴリ:
魚介のおかず > 魚介の揚げ物 > アジの南蛮漬け
主な食材:
魚介 > > あじ
ジャンル:
和食
レシピ作成・調理:
中村成子
撮影:
白根正治

材料(3~4人分)

あじ(12~15cmのもの)…10~15尾

玉ねぎ…1/2個

赤パプリカ…1/2個

南蛮だれ

 ・赤とうがらしの小口切り…1~2本分

 ・だし汁…1/2~3/4カップ

 ・酢…1/2カップ

 ・しょうゆ…大さじ2

 ・砂糖大さじ…1~2

 ・塩…少々

小麦粉、揚げ油

下ごしらえ

1.
ぜいごは、尾から頭に向かってそぎ取る。

ぜいごは、尾から頭に向かってそぎ取る。

内臓を除いたあと、えらぶたの中に指を入れ、えらを引き出して取り除く。

内臓を除いたあと、えらぶたの中に指を入れ、えらを引き出して取り除く。

あじは、尾のつけ根からぜいごをそぎ取る。腹を手前にして置き、胸びれの下に小さく切り目を入れ、包丁の刃先で内臓をかき出し、えらは手で引っ張って取り除く。水で腹の中をよく洗って、ペーパータオルで水をふき取る。

作り方

1.
小麦粉を薄くまぶしてうまみを閉じ込める

小麦粉を薄くまぶしてうまみを閉じ込める

あじの表面に小麦粉をしっかりつけ、余分な粉をはらい落として、まんべんなくまぶす。小麦粉はあじのうまみを閉じ込める役割をする。薄くまぶすことで、油っぽくならずにカラリと揚がる。

2.
あじを揚げ油に入れてしばらくすると、あじから水分が出て油がはねるので、静かになるまで、ふたをして揚げる。

あじを揚げ油に入れてしばらくすると、あじから水分が出て油がはねるので、静かになるまで、ふたをして揚げる。

コツンと音がするまでじっくり揚げる

コツンと音がするまでじっくり揚げる

揚げ油を低めの中温(165~170℃)に熱し、あじを重ならないように鍋いっぱいに、手早く入れる。ふたをして強火でしばらく揚げ、水分がとんでバチバチと音がしなくなったら、ふたを取ってさらに揚げる。あじが浮き上がって、菜箸で軽くたたいたとき、コツンと音がするくらいになったら揚げ上がり。取り出して油をよくきる。あじは、時間をかけてじっくり揚げることでカリッとした食感になり、骨まで食べられる。

3.
南蛮だれにさっと漬けてあじの食感を楽しんで!

南蛮だれにさっと漬けてあじの食感を楽しんで!

ボウルに南蛮だれの材料を入れ、2のあじを熱いうちに入れ、上下を返しながら約5分漬ける。玉ねぎは縦薄切りにして水にさらし、水をきる。パプリカは横薄切りにする。あじを器に盛り、玉ねぎとパプリカをのせる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X

既にマイページに登録されています

レシピに戻る マイページへ
X