まいたけのスパゲッティ

447kcal
2.4g
21min
まいたけのスパゲッティ
まいたけのスパゲッティ

ベーコンとまいたけのだしがきいてる。レパートリーに加えて

材料(2人分)

スパゲッティ…160g
まいたけ…1/2パック
ベーコン…2〜3枚
にんにく…1片
赤とうがらし…1本
固形スープの素…1/2個
パセリのみじん切り…適宜
・バター、こしょう、塩、しょうゆ

作り方

  1. スパゲッティの湯を沸かし始める。まいたけは石づきがあれば取って小房に分ける。ベーコンは1cm幅に切り、にんにくはみじん切りにする。とうがらしは種を除いて小口切りにする。
  2. スパゲッティをゆで始める。フライパンにバターを溶かしてにんにくとベーコンを入れ、弱火でじっくりと炒め、香りが出たらまいたけととうがらしを加え、少し火を強めて炒める。
  3. スパゲッティがゆで上がったら湯をきって2に加え、砕いたスープの素、しょうゆ小さじ1〜2、塩小さじ1/4、こしょう少々で調味して混ぜ合わせ、皿に盛ってパセリをふる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

葛西麗子
ヨーロッパ各地で料理と製菓を学び、「葛西麗子お菓子教室」「スタジオECS料理教室」を主宰。著書には「とろぷるデザート (やわらかめがおいしい)」(世界文化社)、「お菓子の時間―秘密のレシピ・おいしい話」(日本ヴォーグ社)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • イタリアン
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 大川範

食材の扱い方・ポイント

まいたけ
まいたけ
名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。「幻のきのこ」とされてきましたが、70年…

基本の扱い方

小房に分ける

石づきがついていないものが多いので、根元は切らずに、手で縦に裂いて食べやすくします。
炒めものなどにする場合、大きいようなら長さを半分にしても。

ベーコン
ベーコン
豚肉の保存食品の一つで、豚肉を成形し、塩漬けして熟成させ、長時間くん煙した加工品。日本で…

各種の特徴

ベーコン(ブロック)

バラ肉を使ったもの。赤身と脂肪が層になっています。
使うときは、薄切りや棒状など、料理に合わせて切りましょう。煮込み料理の場合は、棒状に切ると、具材としての味わいが増します。

ショルダーベーコン(スライス)

肩肉を使ったもの。バラ肉のベーコンよりは、脂肪の量が少ないのが一般的です。

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //