若葉のロールケーキ

248kcal
若葉のロールケーキ
若葉のロールケーキ

電子レンジでできた!かわいいデコロールケーキ

堤人美さんのレシピ

抹茶でさわやかな若葉模様に

材料(直径約8×長さ20cm1本分)

生地
 ・卵…M2個
 ・薄力粉…50g
 ・ベーキングパウダー…小さじ1/2
 ・バター(食塩不使用)…20g
 ・牛乳…大さじ1
 ・グラニュー糖…50g
デコ用生地
 ・抹茶…小さじ2
 ・湯…小さじ2~3
シロップ
 ・グラニュー糖…20g
 ・湯…大さじ2
バター…80g
粒あん…大さじ2~3

下ごしらえ

  1. 生地の薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるう。
  2. バターと牛乳は小さめの耐熱容器に一緒に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで約40秒加熱する。
  3. デコ用生地の抹茶はふるって湯でよく溶く。
  4. シロップの材料を混ぜ、さます。バター80gは室温に置いてやわらかくする。
  5. 二重にしたオーブン用ペーパーを折って型を作る。電子レンジで加熱するのでホチキスやセロハンテープの使用はNG。注意して。 
    オーブン用ペーパーを縦30×横40cmに切ったものを2枚用意し、重ねる。左右の端を10cmずつ、上下の端を5cmずつ折る。【A】 
  6. 底が20×20cmの浅い箱形の型になるように、Aの折り目に沿って側面を立てるようにして折る。【B】
    四方の角をつまみ、斜めに折り、折り目をつける。三角の部分を左右の立ち上がりに沿わせ、しっかりと折り目をつける。【C】 
  7. 左右の端を5cmずつ、外側に折る。【D】

作り方

  1. ボウルに卵を入れ、ハンドミキサー(低速)で軽くほぐす。グラニュー糖を加える。湯せん(約70℃)にかけて生地を人肌程度にあたためながらハンドミキサーで約5分、泡が細かくなって、つのが立つくらいまでしっかり泡立てる。ふるった粉類を2~3度に分けて加えてはゴムべらでさっくりと混ぜる。溶かしたバターと牛乳を加え、10回ほど混ぜ合わせる。
  2. 1の生地から大さじ3を取り分け、湯で溶いた抹茶に加えて、持ち上げるとゆっくりと落ちるくらいのかたさになるまで混ぜる。
  3. オーブン用ペーパーを一辺約15cmの三角形に切り、くるりと巻いて三角すいを作り、2の生地を入れる。先を2~3mm切り落とし、下準備で作った型に若葉模様をつける。
    まず茎の線を描き、葉の部分を外から茎側に向かって描く。
  4. 3をラップをかけずに電子レンジで約40秒、表面のつやがなくなるまで加熱する。
  5. 2で残しておいた生地をすぐに流し入れ、ゴムべらなどで表面を平らにする。ラップをかけずに電子レンジで約3分加熱する。まな板などに型をのせてから生地を流し入れ、まな板ごと電子レンジに運び、滑らせるように電子レンジ内に入れると型がくずれにくい。
  6. オーブン用ペーパーを型よりも大きめに切って型にかぶせ、上下を返す(熱いのでやけどに注意する)。型を解体して広げ、そのまま生地の上にのせ、生地の下に入れるように周囲を折り込む。電子レンジで約1分加熱する。取り出して上のペーパーをはずし、端が半熟になっているところは切り落とす。
  7. ボウルにバター80gを入れ、やわらかくなるまで泡立て器で練る。生地の上下を返し、表面に横1cm間隔で包丁で切り込みを入れ、はけなどで下準備で作ったシロップをぬる。手前と向こう側を1.5cmほどあけてバターをぬり、手前8cmのところに粒あんをぬる。
  8. オーブン用ペーパーごと持ち上げ、手前からしっかり押さえて巻く。ペーパーで包んで形を整え、左右の端をねじる。冷蔵庫で30分以上冷やす。

※カロリー・塩分は1/6切れ分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

堤人美
堤人美
料理研究家。身近な食材を手早く、おいしく、おしゃれに仕上げる“一工夫”のレシピが人気。著書に「『朝仕込み』だから、帰ってすぐできる! おいしいレシピのひみつ」(朝日新聞出版)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 公文美和

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31595品をご紹介!