基本の肉まん

340kcal
1.2g
基本の肉まん
基本の肉まん

皮ふっくら、中身ジューシー

材料(6個分)

生地
 ・薄力粉…200g
 ・ベーキングパウダー…小さじ1 1/2
 ・牛乳…1/4カップ
 ・サラダ油…小さじ1
 ・砂糖…30g
 ・塩…少々
 ・水…1/4カップ
あん
 ・豚バラ薄切り肉…200g
 ・ゆでたけのこ…50g
 ・長ねぎのみじん切り…1/4本分
 ・しょうがのみじん切り…1かけ分
 ・オイスターソース、ごま油、酒…各大さじ1
 ・片栗粉…小さじ2
 ・しょうゆ小さじ1、塩小さじ1/3、こしょう適宜
 ・水…大さじ2
打ち粉(薄力粉)…適宜
サラダ油

下ごしらえ

  1. 薄力粉はふるう。

作り方

  1. 生地を作る。
    大きめのボウルに、薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れて菜箸でよく混ぜ、水と牛乳を少量ずつ加えてぐるぐると混ぜる。
    全体になじんだら、油を加えて手で混ぜる。まな板などの台に打ち粉をして生地を取り出し、手のひらのつけ根で押すようにしてこねる。かたければ水を少量加えてこねる。5分ほどこねて、表面がなめらかになってきたらこね終わり。
  2. 生地を丸めてボウルに戻し、ラップをかけて、室温に20分ほど置いて休ませる。
  3. あんを作る。
    たけのこは熱湯でさっとゆでてざるにあけてさまし、粗熱がとれたら粗みじんに切り、ボウルに入れる。豚肉は細かく切って、さらに包丁でたたいてボウルに加える。
    そのほかのあんの材料も加えて、手でよく練り混ぜる。ラップをかけ、生地の準備ができるまで冷蔵庫で休ませる。
  4. 生地をのばす。
    台などに打ち粉をして2の生地を取り出し、15cmほどの長さにのばす。包丁で6等分に切る。
  5. 切り口を内側にまとめ、なめらかになるように丸める。
    生地1個を手のひらで押して平らにし、めん棒に打ち粉をして直径約11~12cmの円形にのばし、かたく絞ったぬれぶきんをかけておく。生地がめん棒にくっつくようなら、生地にも打ち粉をふる。
  6. あんを包む。
    3のあんを6等分して包む。生地のまん中にあんをのせて、スプーンの背で平らにぬり広げる。
  7. 親指と人さし指で縁の生地を持ち上げるようにしてひだを作り、生地を少しずつ回転させてひだを作りながら閉じていく。
    最後は先端を親指と人さし指でつまんでひとひねりし、閉じる。
  8. 蒸し焼きにする。
    フライパンに油少々を熱して弱めの中火にし、ペーパータオルで薄くぬり広げる。肉まんの閉じ目を上にして、なるべくくっつかないように並べ、約3分焼く。熱湯3/4~1カップに油小さじ1を加え、肉まんの半分の高さくらいまで注ぐ。
    すぐにふたをし、弱火にして8~10分蒸し焼きにする。ふたを取り、水分が残っていればフライパンを揺すってとばす。
  9. でき上がり!

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

●肉まんが残った場合は、完全にさめてからラップで1個ずつ包み、冷凍庫で約10日間保存可能。食べるときはラップで包んだまま電子レンジで約2分加熱するとよい。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 広瀬貴子

食材の扱い方・ポイント

たけのこ
たけのこ
中国原産で、日本には江戸時代に渡ってきたといわれています。市場には、年末から出始めますが…

基本の扱い方

下ごしらえ(1)

火の通りをよくし、皮をむきやすくするために、たけのこは洗ってから、穂先を斜めに切り落とし、縦に浅く切り込みを入れます。

下ごしらえ(2)

鍋にたけのこ小2本(300g)と、かぶるくらいの水を入れ、赤とうがらし1〜2本と米ぬか1/2カップを加えて強火にかけます。

下ごしらえ(3)

煮立ったら弱火にして、たけのこが浮き上がらないように落としぶたをして30〜40分から1時間(大きさや質、鮮度による)ゆでます。湯が少なくなったら、途中で水をたします。

下ごしらえ(4)

たけのこの根元に竹串を刺してみて、スーッと通るようになったら、ゆで上がり。火を止めて、ゆで汁の中で人肌になるまで冷まします。

下ごしらえ(5)

冷めたら、切れ込みから皮をむき、水で洗います。穂先の部分は、かたくて茶色い皮だけをむきます。表面のささくれた部分を、割り箸でこそげ落とすと、きれいに仕上がります。内側のやわらかい皮は姫皮といって、おいしいので、捨てずにあえものなどに。

下ごしらえ(6)

皮をむいたらすぐに使えますが、すぐに食べない場合は、保存容器で水につけたまま保存します。冷蔵庫で、毎日水を替えて3〜4日保存可能です。

切り方

部位ごとに切り分ける(1)

上部のやわらかい円すい形の部分と、中ほどの部分、かたい下部に切り分けます。

部位ごとに切り分ける(2)

姫皮や穂先のやわらかい部分は、汁の実や、あえものにしたり、形を生かした切り方で、煮ものにしても。まん中の部分は、煮ものや焼きもの、炊き込みご飯などに。根元のかたい部分も薄切りにすれば、炒めものや煮もの、焼きものと、どんな料理にも使えます。すりおろして使ってもよいでしょう。

上部を厚みのあるくし形切りにする

上部を縦に半分に切り、さらに中心に向かって包丁を入れて、3〜4等分にします。形をいかした煮ものに。

上部を薄切りにする

上部を縦に半分に切り、それぞれを端から縦に薄く切ります。汁もの、炊き込みご飯などに。

下部を細切りにする(1)

下部を縦に半分に切り、切り口を下にして横に置き、半月形に薄く切ります。

下部を細切りにする(2)

薄切りにしたものを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。炒めもの、炊き込みご飯などに。

下部をさいの目にする(1)

下部を縦に置いて、端から1cm幅に切り分けます。

下部をさいの目にする(2)

平らに置き、端から料理に応じた幅に切り分け拍子木切りにします。

下部をさいの目にする(3)

向きを横にして、端から同じ幅に切ります。煮もの、あえものなどに。

基本の肉まん
で作れるほかのレシピ

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //