とりささ身とエリンギの串焼き

146kcal
1.3g
とりささ身とエリンギの串焼き
とりささ身とエリンギの串焼き

梅みそで、女性好みのおしゃれな焼きとりに

材料(2人分・6本分)

「梅みそ」…大さじ2
とりささ身…4本
エリンギ…4本
万能ねぎの小口切り…2本分
酒、サラダ油、七味とうがらし

作り方

  1. エリンギは食べやすい大きさに切る。ささ身は筋を除き、一口大のそぎ切りにする。竹串にエリンギとささ身を1/6量ずつ交互に刺し、酒大さじ1をふる。
  2. 魚焼きグリルの網に油少々をぬり、1を並べ入れる。約5分焼き、いったん網ごと取り出して串を裏返し、梅みそを1/6量ずつ菜箸でのせる。再び魚焼きグリルを熱し、約3分焼く。器に盛って万能ねぎを散らし、七味適宜を添える。
    梅みそは味が濃いので、片側につけるくらいでOK。ささ身に火が通ってから梅みそをのせて再び焼く。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

ワタナベマキ
ワタナベマキ
料理家。グラフィックデザイナーから料理の道へ。季節感を大切にした、旬の素材を活かす料理や保存食、乾物料理が人気。「何も作りたくない日はご飯と汁だけあればいい」(KADOKAWA)など、常備菜や弁当、朝食を紹介する著書が多数ある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 邑口京一郎

食材の扱い方・ポイント

エリンギ
エリンギ
エリンギは、本来は日本では自生しないきのこで、流通しているものは、温度・湿度管理のもとに…

基本の扱い方

手で裂く

縦に半分に裂いて、さらに2〜3等分に裂きます。根元に包丁で切り目を入れると裂きやすくなります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //