ひよこ豆とツナのピラフ

569kcal
1.5g
ひよこ豆とツナのピラフ
ひよこ豆とツナのピラフ

本田明子さんのレシピ

トッピングのトマトでさっぱり&ジューシー

材料(2人分)

  • ツナ缶(オイル漬け)…小1缶(約70g)
  • ひよこ豆の水煮…50g
  • トマト…1個(約120g)
  • …1.5合
  • 酒…大さじ2
  • しょうゆ…小さじ1
  • 塩…小さじ1/4
  • バター…小さじ1
  • こしょう…少々
ツナ缶(オイル漬け)…小1缶(約70g)
ひよこ豆の水煮…50g
トマト…1個(約120g)
米…1.5合
酒…大さじ2
しょうゆ…小さじ1
塩…小さじ1/4
バター…小さじ1
こしょう…少々

作り方

  1. 米は洗って炊飯器に入れ、普通に水加減をしてから水35mlを取り除く。スイッチを入れる直前に、酒大さじ2、しょうゆ小さじ1、塩小さじ1/4、こしょう少々を加え、さっと混ぜる。ひよこ豆の水煮を広げてのせ、ツナ缶を缶汁ごと散らし、バター小さじ1をのせ、炊く。
  2. トマトは1cm角に切る。1が炊き上がったら全体をよく混ぜて器に盛り、トマトを散らす。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

本田明子
本田明子
東京都出身。料理業(制作・企画)。小林カツ代氏の内弟子一号であり、小林カツ代キッチンスタジオの書籍担当者として200冊近い料理本に携わる。2007年に独立、本田明子キッチン・オフィスを設立し料理家としても活動中。
雑誌やテレビなどでレシピを紹介するほか、小さな子ども向けの料理から老人ホームのメニュー開発まで、幅広い世代に喜ばれる料理を提案。著書に「本田さんちのおかずが美味しい理由」(学研プラス)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 邑口京一郎

ほかのレシピをもっと見る

食材の扱い方・ポイント

トマト
トマト
トマトは南米原産の、ナス科の野菜。16世紀にヨーロッパへ導入され、品種改良されて、現在で…
米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32563品をご紹介!