基本のクラシックプリン

214kcal
0.2g
基本のクラシックプリン
基本のクラシックプリン

ちょっとかためが美味! 喫茶店のクラシックプリン

森崎繭香さんのレシピ

卵風味のしっかり生地とほろ苦カラメルソースが絶品!

材料(150mlの耐熱のプリンカップ4個分)

  • プリン液
  •  ・卵(Mサイズ)…4個(約200g)
  •  ・牛乳…1と1/4カップ
  •  ・グラニュー糖…50g
  • カラメルソース
  •  ・グラニュー糖…40g
  • デコレーション
  •  ・ホイップクリーム…適量
  •  ・チェリー缶…4粒
プリン液
 ・卵(Mサイズ)…4個(約200g)
 ・牛乳…1と1/4カップ
 ・グラニュー糖…50g
カラメルソース
 ・グラニュー糖…40g
デコレーション
 ・ホイップクリーム…適量
 ・チェリー缶…4粒

下ごしらえ

  1. オーブンは140℃に予熱しておく。
  2. カラメルソースを作る。熱湯大さじ1を用意しておく。小さくて深さのある鍋にグラニュー糖、水大さじ1を入れて中火にかける。
  3. 色づき始めたら、鍋を回して色を均一にしながら、焦げ茶色になるまで加熱する。
  4. 火を止め、熱湯を3回くらいに分けて加える。
    ※温度差があるとはねやすいので、必ず熱湯を使うこと。一気に加えると危険なので注意してください。
    熱湯を入れるタイミングによって、甘~ほろ苦まで調整できる!
  5. 耐熱のプリンカップに等分に入れておく。

作り方

  1. 鍋に牛乳と、グラニュー糖の1/2量を中火にかける。ゴムべらで混ぜながら温め、鍋の縁がふつふつしてきたら火を止める(約60℃)。
    沸騰させてはダメ! 小さい泡が立つくらいが目安
  2. ボウルに卵を溶きほぐし、残りのグラニュー糖を加えて泡立て器で泡立てないようにすり混ぜる。1の牛乳を少しずつ加えて混ぜる。
    プリン液を作る
  3. 耐熱のバット(21×16×高さ3cm)にペーパータオルを敷き、カラメルソースが入ったプリンカップをなるべくすき間なく並べる。プリン液を茶こしでこしながらカップに静かに流し入れ、気泡があったら竹串で潰す。
    カップに入れる
    マグカップやココットなど、耐熱の器を使ってもOK。器の厚みやサイズ、材質によって加熱時間が変わることもあるので、焼き上がりの見極め方法でチェックして。
  4. 3のバットに、カップの高さの1/3くらいまで湯(約60℃※)を注ぎ入れる。オーブンで25~30分焼く。
    ※沸騰した湯に同量の水を加えると約60℃になる。
    焼く
  5. 竹串をそっと刺してみて、何もついてこなければ焼き上がり。
    ※焼きが足りない場合は、同じ温度のオーブンに入れてあと少しなら3分、まだまだなら5分追加して焼く。
    OK
    NG
  6. バットから取り出し、粗熱がとれたら冷蔵室で冷やす(4時間以上)。
  7. スプーンの背で縁を軽く押してカップから生地をはがし、皿をかぶせてひっくり返してはずす。
    カップからはずす
  8. ホイップクリーム、チェリーを飾る。

※カロリー・塩分は1個分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

【鍋で蒸す場合は】
オーブンのほか、鍋で蒸す方法も。すが入らないよう、ごく弱火をキープするのがポイント。

1、鍋にペーパータオルを敷いて、生地の入ったカップにアルミホイルをかぶせて並べる。鍋にカップの高さの1/3くらいまで水を注ぎ、ふたをしてごく弱火で約10分蒸す。

2、火を止めて約3分おいたら取り出し、アルミホイルをはずす。粗熱がとれたら冷蔵室で冷やす。

※加熱が足りない場合は、ごく弱火で、あと少しなら3分、まだまだなら5分追加加熱する。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 砂原文

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ34266品をご紹介!