あじの塩焼き(1)

あじの塩焼き(1)

水けをしっかりふき塩をふり、表から焼くのが基本です

カロリー
141kcal
カテゴリ:
魚介のおかず > 魚介の焼き物・ソテー > 魚介の焼き物 その他
ジャンル:
和風
プロ料理家:
藤野嘉子
撮影:
川浦堅至

材料(2人分)

青じそ…2枚

あじ…2尾

大根…5cm

・しょうゆ、塩

下ごしらえ

1.

青じそは洗って水けをふく。

作り方

1.

あじは、包丁の先でうろこを尾から頭に向かってこそげ取る。頭を右にして(盛りつけとは逆に、裏側を上にする)えらを広げ、包丁の先でえらのつけ根を切り離し、手で引き抜く。裏側の腹に4~5cm長さの切り込みを入れ、包丁の先ではらわたをかき出して、冷水で、腹の中の血のかたまりを手早くきれいに洗う。

2.

ペーパータオルで、魚の表面と腹の中の水けをしっかりふき取る。

●塩焼きは、水けが残っているときれいに焼き上がらない。

3.

尾のつけ根に包丁をねかせて当て、前後に動かしながら薄くぜいごを切り取る。裏側のぜいごも同様に取って、表側の身の厚い部分に、斜め十文字に切り目を入れ、火の通りをよくする。魚の両面に塩適宜をふる。やや高い位置で、指の間から塩をふり落とすようにすると、全体に均一にふりかかる(塩をふってから時間がたつと、しんなりして、塩が立たなくなるので、焼く直前にふる)。尾とひれを焦がさずにきれいに仕上げるために、背びれ、胸びれ、尾に塩をたっぷりつける(これを化粧塩という)。

4.

《焼く》グリルに水を1/2カップ入れて熱し、表になるほうを上にして(頭が左)2尾並べ、強火で焼く。塩をふったらすぐに焼くが、もし水分が出てしまったらペーパータオルでふいてから焼く。5~6分焼いて、きれいな焼き目がついたら身をくずさないようにして裏に返す。途中で尾が焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせて焼く。飾り包丁を入れたところがしっかり焼けて、指でさわって弾力があれば焼き上がり。

5.

強火で焼いて表面は焼けても、中まで焼けていないこともあります。さらに焼くと焦げてしまうので、ラップをせずに電子レンジで約1分加熱して、しっかり火を通しましょう。

6.

《盛る》大根をすりおろして、水けをほどよくきる。青じそを皿に敷き、頭を左にしてあじを盛り、頭側の手前に大根おろしを手でつまんで山高に添える。食べるときにしょうゆをかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

関連する料理レシピまとめ

料理レシピまとめをもっと見る

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X